書家ではありません

「何のお仕事をしているのですか?」と尋ねられたので、
「自営で毛筆のお仕事をしています。」と答えたら、
「へ~書家ですか!すごいですね。」と言われました。
とんでもね~、あたしゃ筆耕屋さんです。

書家なんて、そんな大それたものではなく、筆耕士であって、
筆耕士は賞状や宛名書きなどの実用書道の専門家なのです。
芸術書道なんて全く書けません!

宛名書きはライトテーブルで

でも、一般の人から見ると、
【字が書ける=書家】なのかもしれませんね。
自分が書く文字に対価もいただいていますので。

僕にとって書家は憧れですし、もし本気で書家を目指すのであれば、
死ぬほど勉強して10年以上は掛かるでしょう。
誰かに師事する事も必要でしょう。
書家の定義も良くわからないですが、現実問題厳しいでしょうね。
僕には筆耕士が性に合っているんです♪

賞状講座の資料請求

筆耕のお仕事を探している方にとって、賞状や宛名書き、式辞や記章を書く技術、またレイアウトの知識は必須となります。各講座では基本的な技術と知識を身に付ける事ができます。これらの講座は学べる知識に大きな差はありません。

ただ、【書風】が全く違います。僕が学んだ「賞状技法士」は「前田書風」という書体で、ちょっと特殊です。資料請求は無料なので、比べてみて自分にあった書風、自分の好みの書風の講座を選ぶと良いと思います。

  1. たのまな賞状技法士講座⇒ 無料資料請求
  2. がくぶん賞状書士講座⇒ 無料資料請求

★ご訪問頂きありがとうございます★
↓クリック頂けるとありがたいッス↓
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

続きはコチラ

2016年より新しいブログに移行します。
お天道様に感謝 〜筆耕士の揮毫日記02〜

コメントを残す