美文字は右はらいの重複を避ける

こうしなければいけないと言う訳ではなく、
美文字の1つのテクニックとして、
「1文字の右はらいは1つまで」があります。

今朝も早よからせっせとせっせと♪
漢字筆順のホームページを作っています。

現在地⇒こ|漢字書き順辞典

こ|漢字書き順辞典

この筆順のホームページを作っているおかげで、
イロイロな事に気が付きます。

近い将来、書写検定1級を取りたいので、
その為の基礎勉強にもなっています。

さて、そんな気が付いた中で、
1つ思い出したことがあったのでご紹介します。

それが
「1文字の右はらいは1つまで」です。

これって書道の世界ではよく言われますが、
一般ではあまり知られていません。

美文字は右はらいの重複を避ける

↑つまりはこんな感じです。

上段は普通に書いた場合。
下段は右はらいを1つにした場合です。

下段の右はらいを一つにした場合は、
もう一つははらわずに、止めてしまいます。

絶対にやるべきって訳ではなく、
美文字を書くなら下段が良いかなって事です。

共感された場合のみお試しください。
※ちなみに、小学校では×になるかも…。

賞状講座の資料請求

筆耕のお仕事を探している方にとって、賞状や宛名書き、式辞や記章を書く技術、またレイアウトの知識は必須となります。各講座では基本的な技術と知識を身に付ける事ができます。これらの講座は学べる知識に大きな差はありません。

ただ、【書風】が全く違います。僕が学んだ「賞状技法士」は「前田書風」という書体で、ちょっと特殊です。資料請求は無料なので、比べてみて自分にあった書風、自分の好みの書風の講座を選ぶと良いと思います。

  1. たのまな賞状技法士講座⇒ 無料資料請求
  2. がくぶん賞状書士講座⇒ 無料資料請求

★ご訪問頂きありがとうございます★
↓クリック頂けるとありがたいッス↓
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

続きはコチラ

2016年より新しいブログに移行します。
お天道様に感謝 〜筆耕士の揮毫日記02〜

コメントを残す