『筆耕』って専門用語!?一般的には『代筆』かな?

先日、Webマーケティングの勉強会に参加して、今の筆耕のビジネスについての内容や取り組み、これからの展望を説明してアドバイスを頂きました。その中で、他の参加者から素朴な疑問をいただきました。それは…

「筆耕って言葉を初めて聞いた。」

確かに、そうですよね。僕たちの世界では筆耕と言う単語は当たり前に使っていますが、世間一般では滅多に出てきません。

僕のホームページは「筆耕」と検索すると上位に表示されますが、アクセスしてくるのは法人が多く、それは法人は筆耕と言う単語に慣れているからと考えられます。

結婚式の招待状の宛名書きの場合、「宛名書き筆耕」という言葉は出てこないですよね。最も依頼が多いのが結婚式の招待状の筆耕なんだけど、皆さん、どうやって検索してるのでしょうか?0-65

ちょっと調査が必要なようですね。

「宛名書き代筆」とかが一般的なのかなぁ…。

賞状講座の資料請求

筆耕のお仕事を探している方にとって、賞状や宛名書き、式辞や記章を書く技術、またレイアウトの知識は必須となります。各講座では基本的な技術と知識を身に付ける事ができます。これらの講座は学べる知識に大きな差はありません。

ただ、【書風】が全く違います。僕が学んだ「賞状技法士」は「前田書風」という書体で、ちょっと特殊です。資料請求は無料なので、比べてみて自分にあった書風、自分の好みの書風の講座を選ぶと良いと思います。

  1. たのまな賞状技法士講座⇒ 資料請求
  2. がくぶん賞状書士講座⇒ 資料請求
  3. ユーキャンの賞状書法講座⇒ 資料請求

★ご訪問頂きありがとうございます★
↓クリック頂けるとありがたいッス↓
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

続きはコチラ

2016年より新しいブログに移行します。
お天道様に感謝 〜筆耕士の揮毫日記02〜

コメントを残す