行書と言えば!?王羲之『蘭亭叙』の臨書

楷書・隷書・行書
これらをバランスよく身に付けたいので、
ローテーションで古典を臨書をしてます。

今日は、無く子も黙る書聖”王羲之”の
最高傑作とも言われる『蘭亭叙』です。

行書と言えば!?王羲之『蘭亭叙』の臨書

王羲之は西暦300年代の人なんで、
ざっと1700年前という事になります。

という事は『蘭亭叙』も同様に
1700年前の書という事になりますね。

そんな『蘭亭叙』が現在でも最高の書であり、
皆が最高のお手本としている事がすごい!

どれだけ『蘭亭叙』が偉大な書で、
王羲之はどれだけ偉大なのかがよくわかります。

  

賞状講座の資料請求

筆耕のお仕事を探している方にとって、賞状や宛名書き、式辞や記章を書く技術、またレイアウトの知識は必須となります。各講座では基本的な技術と知識を身に付ける事ができます。これらの講座は学べる知識に大きな差はありません。

ただ、【書風】が全く違います。僕が学んだ「賞状技法士」は「前田書風」という書体で、ちょっと特殊です。資料請求は無料なので、比べてみて自分にあった書風、自分の好みの書風の講座を選ぶと良いと思います。

  1. たのまな賞状技法士講座⇒ 資料請求
  2. がくぶん賞状書士講座⇒ 資料請求
  3. ユーキャンの賞状書法講座⇒ 資料請求

★ご訪問頂きありがとうございます★
↓クリック頂けるとありがたいッス↓
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

続きはコチラ

2016年より新しいブログに移行します。
お天道様に感謝 〜筆耕士の揮毫日記02〜

コメントを残す