複合機は必需品!賞状の見本をパソコンに取り込み作業

クラウドサービスは便利

賞状技法士で学んできたお手本、自分がこれまで書いてきた賞状を全てパソコンに取り込みました。という、クラウドに保存しているので、家のPC、タブレット、スマートフォンなどで見る事ができます。

ドロップボックス(無料)の詳細

全部で100枚以上ありますが、僕にとっては宝物で、財産ともいえます。今月末に賞状技法士の1級試験を受験するのですが、試験会場は資料の持ち込みが可能なので、タブレットを持ち込もうと思っています。タブレットを開けば100枚以上のサンプルがあるなんて、心強い!

20131107_134019

これからはタブレットも必需品!?

ちなみに僕のタブレットはソニーのエクスペリアタブレットです。性能はアップルのiPadに優とも劣らず、最軽量の世界最高のタブレットです。…と思っています。このタブレットの中には”筆順辞典”や”漢和辞典”も入っているので、筆耕作業に重宝しています。(最近やっと使いこなしてきた感じ)

20131115_081237

⇒ エクスペリアタブレットの一覧

最も重要な【A3複合機】

さて、ドンドンスキャンしてパソコンに取り込んでいきます。実は筆耕作業で最も重要な必需品が【A3複合機】です。賞状はA3が標準サイズなので、普通のA4スキャナーやA4複合機では小さすぎます。

20131107_134844

僕の場合、お客様への校正作業はメールでお願いしています。その際に、賞状の下書きのスキャン画像を添付して送るので、A3サイズをスキャンできる【A3複合機】は絶対に必要になります。賞状のコピーも頻繁に使うので、複合機の方が楽ちんです。【A3複合機】ってあまり種類がなくて、主要メーカーはエプソンとブラザーしかありません。僕が使っているのはエプソン製です。ファックスも搭載されているので、重宝すると思いますよ。

20131107_134834

⇒ A3複合機の一覧

想像しかできませんが、パソコンなどなかったころの筆耕業者は、注文も納品もとても大変だったと思います。受注できる範囲も狭かった事でしょう。今はインターネットが普及したおかげで、全国から注文を頂くことができます。

また、賞状の校正もメールで済ませる事ができます。しかも、メールで画像を添付するので、なおさら確実です。タブレットも一般化してきたので、外での筆耕作業も作業が一段と楽になるでしょう。

ハイテク化で、新しい事をたくさん覚えなくてはいけませんが、そのために作業の確実性が上がるのであれば、どんどん取り入れるべきだと思っています。さて、次はどんな便利アイテムが出てくるかなぁ…♪

賞状講座の資料請求

筆耕のお仕事を探している方にとって、賞状や宛名書き、式辞や記章を書く技術、またレイアウトの知識は必須となります。各講座では基本的な技術と知識を身に付ける事ができます。これらの講座は学べる知識に大きな差はありません。

ただ、【書風】が全く違います。僕が学んだ「賞状技法士」は「前田書風」という書体で、ちょっと特殊です。資料請求は無料なので、比べてみて自分にあった書風、自分の好みの書風の講座を選ぶと良いと思います。

  1. たのまな賞状技法士講座⇒ 資料請求
  2. がくぶん賞状書士講座⇒ 資料請求
  3. ユーキャンの賞状書法講座⇒ 資料請求

★ご訪問頂きありがとうございます★
↓クリック頂けるとありがたいッス↓
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

続きはコチラ

2016年より新しいブログに移行します。
お天道様に感謝 〜筆耕士の揮毫日記02〜

コメントを残す