結婚式の祝儀袋 短冊や中袋への筆耕

結婚式の筆耕と言うと、
【招待状の宛名書き】をたくさん受注しています。

実はもう一つ、お問い合わせの多いものがあります。
それが【祝儀袋】への名前の筆耕です。

042

 

つまり、結婚式を開く側では無くて、
結婚式に参加する人側が必要な筆耕です。

大変申し訳ないのですが、
『筆耕.com』では現状、お断りしています。

熨斗袋の筆耕は受注しています。
http://筆耕.com/noshi.html

しかし、10枚以上とさせていただいていて、
実質的には法人向けのサービスとなっています。

何でお断りさせていただいているのかと言うと、

用紙をお客様で用意

当方に用紙を送ってもらう

筆耕作業をする

お客様に送付する

入金していただく

このように流れを見ると、
送料の方が筆耕料の数倍になる事が分かります(^_^;)

何とか、【祝儀袋】の筆耕サービスができないものか?
イロイロと考えて、見本も作った事がありました。

noshi001

しかし、どうしてもシステム的に良い案が浮かびません。
ご要望が多いだけに、申し訳ないっす…。

何か、良い方法が無いかなぁ~。

賞状講座の資料請求

筆耕のお仕事を探している方にとって、賞状や宛名書き、式辞や記章を書く技術、またレイアウトの知識は必須となります。各講座では基本的な技術と知識を身に付ける事ができます。これらの講座は学べる知識に大きな差はありません。

ただ、【書風】が全く違います。僕が学んだ「賞状技法士」は「前田書風」という書体で、ちょっと特殊です。資料請求は無料なので、比べてみて自分にあった書風、自分の好みの書風の講座を選ぶと良いと思います。

  1. たのまな賞状技法士講座⇒ 無料資料請求
  2. がくぶん賞状書士講座⇒ 無料資料請求

★ご訪問頂きありがとうございます★
↓クリック頂けるとありがたいッス↓
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

続きはコチラ

2016年より新しいブログに移行します。
お天道様に感謝 〜筆耕士の揮毫日記02〜

コメントを残す