熨斗袋の筆耕も承ります

熨斗袋のご依頼は法人がメインです。

熨斗袋のご依頼は法5枚以上の
まとまった枚数を受け付けているからですが、

5枚以上とした理由は、
事務手数料の方が筆耕料金よりも
高くなってしまうので忍びないからです。

熨斗袋のご依頼は法人がメイン

熨斗袋のご依頼は法人がメイン

今回のご依頼は四国の法人からです。
御霊前18枚、お見舞い12枚の計30枚

書く内容としては、

  • 「お名前」
  • 「代表取締役」「お名前」
  • 「社名」「代表取締役」「お名前」

以上の3パターンでした。

これまでも、法人からのご依頼を受けていますが、
今回のように数パターンに書き分ける事が多いです。

不祝儀袋の筆耕

不祝儀袋の筆耕

熨斗袋の「社名」や「肩書」の書き方

熨斗袋の「社名」や「肩書」の書き方

熨斗袋もレイアウトと下書きの作業を行った後、
トレーサーを利用して書きあげています。

熨斗袋は滲みやすいですし、「社名」や「肩書」を
入れる際は細く・小さく書く必要があります。

このあたりが筆耕士の腕の見せ所ですね♪

熨斗袋の裏の折り方

熨斗袋の裏の折り方

マメ知識ですが、
熨斗袋の裏の折り方にはルールがあります。

一般的な熨斗袋は下から上に折り上げますが、
不祝儀の場合は上から下に折り下げます。

筆耕の仕事をしていると、
このような知識がだんだんと身につきます(^^)

さて、熨斗袋の筆耕のご依頼は大歓迎です。
のし袋の筆耕

賞状講座の資料請求

筆耕のお仕事を探している方にとって、賞状や宛名書き、式辞や記章を書く技術、またレイアウトの知識は必須となります。各講座では基本的な技術と知識を身に付ける事ができます。これらの講座は学べる知識に大きな差はありません。

ただ、【書風】が全く違います。僕が学んだ「賞状技法士」は「前田書風」という書体で、ちょっと特殊です。資料請求は無料なので、比べてみて自分にあった書風、自分の好みの書風の講座を選ぶと良いと思います。

  1. たのまな賞状技法士講座⇒ 無料資料請求
  2. がくぶん賞状書士講座⇒ 無料資料請求

★ご訪問頂きありがとうございます★
↓クリック頂けるとありがたいッス↓
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

続きはコチラ

2016年より新しいブログに移行します。
お天道様に感謝 〜筆耕士の揮毫日記02〜

コメントを残す