11月12日の書写検定に向けた対策スタート

平成29年度第2回文部科学省後援 硬筆・毛筆書写検定は11月12日に実施されます。申込期限は10月16日まで。だいたい2ヵ月前なので、本格的に対策をスタートさせます。

★ご訪問頂きありがとうございます★
↓↓↓クリック頂けるとありがたいッス

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村

僕は毛筆1級の実技を受ける予定です。理論は前々回合格していて免除なのですが、免除期間は2回なので次が最後になります。つまり、次に落ちちゃうと理論もふりだしに戻ってしまうと言う事。という事で、何としても今回で実技を合格させないといけません。

書写検定で使われる半紙と半切

書写検定で使われる半紙と半切

先日、注文した半紙と半切が届きました。実際に試験で使われる紙が書写検定協会のHPから注文できるようになったので、とてもお手軽になりました。とりあえず半紙500枚、半切50枚。たぶん足りると思います。足りなければ市販の紙で練習します。

書写技能検定協会ホームページ

書写検定のお勉強を始めます

書写検定のお勉強を始めます

さて、書写検定のお勉強ですが・・・、あれ?これまでどうしてたっけ?やばい、勉強の仕方をすっかり忘れています。僕は物覚えが良い方ではなく、さらに忘れやすいので、計画的に効率的に勉強しないと覚えられないし、技術の習得もままなりません。

漠然と練習する1時間より、集中した10分の方が効果的だと思っているので、これからの立てる計画がとても大切になってきます。まずは、何の知識が必要で、何の技術が必要で、また自分の強みと弱みを考えていきます。そして、自分に必要な勉強と練習を計画していきます。

かなは好きだけど苦手…。

かなは好きだけど苦手…。

とまあ、昨日からイロイロと考えていたのですが、9月は『旧字体・書写体の復習』『草書の読み書き』『かなの読み書き』『臨書』が中心になると思います。過去問等は来月ですね。

以前読んだ本に(タイトル等は忘れた)『試験勉強は計画で8割決まる』と書かれていました。これは極端に聞こえるかもしれませんが、事実だと思います。

しかし、計画を立てても実践できなければ意味がないので、自分が実践できる程度の計画にするのもポイントです。足りないと思ったらその日ごとに+αしてあげれば良いですからね。

まあ、最も面白いのは何でも全力でやる事です。嫌なトイレ掃除も全力でやると面白いものです。11月の試験で受かっても落ちても、全力で対策するのが楽しいのです。さあ、11月まで試験勉強楽しむぞ!

…と、自分に言い聞かせてみる。

おわり

 

★ご訪問頂きありがとうございます★
↓↓↓クリック頂けるとありがたいッス

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村

『賞状』の通信講座をお考えの方へ

筆耕のお仕事に興味がって、『賞状』の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、『賞状書士』と見比べて選択して下さい。

たのまな賞状技法士講座
がくぶん賞状書士講座

『ボールペン字』『筆ペン』の通信講座をお考えの方へ

「今年こそは美文字を手に入れたい!」と通信講座の受講をお考えの方におすすめの講座をご紹介します。それが『DVD付新・実用ボールペン字講座』と『DVD付速習実用筆ペン講座』です。

両講座ともアテネ教育出版(日本賞状技法士協会)の講座ですが、窓口は『ヒューマンアカデミーたのまな』となっています。おすすめする理由は、ズバリ僕が(今現在も)お世話になっているからです。老舗なので教材も添削も安心ですよ♪

DVD付新・実用ボールペン字講座
DVD付速習実用筆ペン講座

ご質問大歓迎

美文字の事・実用書道の事・筆耕のお仕事の事など、コメント欄へのご質問大歓迎!初歩的な事からハイレベルな事まで、僕の分かる範囲でお答えします。

コメントを残す




CAPTCHA