賞状 書き方

賞状・表彰状の書き方

MENU

賞状・表彰状の書き方

賞状は、あるルールの上に則って書きあげます。たとえば、パーツによって文字の大きさが違いますが、文字の大きさが最も大きいのは『表題』になり、次に『受者』『贈者』・・・と、それぞれのパーツには大きさのルールがあります。

 

行間にもルールがあります。行間を最も開けなければいけない部分、行に対して行間が対象になる部分など、行間もバランスを整える大切なパーツとなります。

 

そして書き出し、上下の書き出しはどこから始めるのか、それぞれのパーツの書き出し部分はどこなのか、書き出しにも細かいルールが存在します。

 

それでは、どのようにして賞状を仕上げていくのか動画で大公開♪

 

 

賞状の書き方

もっと詳しく知りたい方の為に、専門サイトを作りました。⇒ 賞状の書き方

賞状・表彰状の書き方記事一覧

賞状の作成はレイアウトから...※クリックで大画像手書きの賞状を書くとき、フリーハンドでいきなり毛筆で揮毫するわけにはいきません。賞状はレイアウトが命なので、しっかりとしたルールに則り、配置と下書き作業を行います。まずは、原稿から行数を決め、電卓片手に文字の大きさや行間を計算していきます。次に枠を書いていきます。僕の場合、0.5mmのシャープペンシルを使用し、芯は少し濃いめの2Bで力を入れずに線を...

賞状は左から揮毫します※クリックで大画像賞状・表彰状の書き方の動画です。賞状のレイアウトと下書きが終わったら、実際に毛筆で書いていきます。毛筆で字を書く事を揮毫と言います。賞状の揮毫の最大の特徴は、左の行から書き進める事です。理由は、筆を持つ手が賞状に触れてしまう事による"汚れ"を防ぐ為です。大きな紙と、大きな筆で書く場合は関係ありませんが、賞状のように小さな文字を小さな筆で書く場合は、どうしても...

当筆耕サービスでは、賞状技法の基本的なルールに則って賞状を揮毫しています。基本的な賞状のパーツの並べ方をご紹介します。賞状筆耕サービスをご依頼になるときの参考にしてください。【表題】表彰状・賞状・感謝状が入ります。個性的な表題として祝還暦・結婚祝いなど。【受者】賞状を受け取る人の名前が入ります。敬称(殿・様)が入りますが、証書などでは敬称が付かない事が一般的です。会社名や所属名は名前の右上に入りま...

賞状を書くためには、2つの技術が必要になります。1つが【書道の技術】、もう1つが【レイアウトの知識】です。2つの技術を駆使する事で1枚の賞状が書き上がります。書道の技術書道の技術が高いとはどのような事なのか?賞状において必要な書道の技術は【実用書道】の技術です。実用書道の技術は【芸術書道】とは一線を画します。芸術書道は、楷書・行書・草書・隷書・篆書・・・。様々な書道の技術を極める事で、芸術として捉...

賞状には最後に重要な仕上げをします。それは『落款』を押す事です。落款は贈者の最下部に押す事になり、賞状全体では左下と言う事になります。この落款ですが、賞状として機能させる事は勿論のこと、見た目の美しさも強調されます。落款を押すか押さないかで、賞状全体の雰囲気が全く変わります。分かりやすく言えば「締まり」がでます。『落款』は、署名を表す大切なものです。我々筆耕士は、賞状のレイアウトから毛筆での揮毫ま...