賞状 落款の位置

賞状へ押す落款の位置の解説

MENU

落款の位置

賞状には最後に重要な仕上げをします。それは『落款』を押す事です。落款は贈者の最下部に押す事になり、賞状全体では左下と言う事になります。この落款ですが、賞状として機能させる事は勿論のこと、見た目の美しさも強調されます。落款を押すか押さないかで、賞状全体の雰囲気が全く変わります。分かりやすく言えば「締まり」がでます。

 

賞状 落款 社長印

 

『落款』は、署名を表す大切なものです。我々筆耕士は、賞状のレイアウトから毛筆での揮毫までを行います。この状態でお客様に納品します。毛筆では書き終わっているのですが、まだ賞状としては完成とは言えません。賞状の本当の完成は『落款』を押し終わった時点です。筆耕士からバトンタッチされた賞状は、お客様の手によって完成するのです。

 

落款の基本的な位置

 

贈者名の下に、社印や社長印などの落款を押す場合の基本的です。賞状に押す標準的な落款のサイズは、2.5〜3.0cmくらいです。このサイズが賞状にとってもバランスが取り易いと思います。

 

賞状 落款 社長印

  • 贈者名のセンターに合わせる
  • 贈者名の終りにピッタリ合わせる

 

落款は贈者名に触れるか触れないかの場所に押します。贈者名に重なっても問題ありません。ただ、センターには合わせた方が美しく見えると思います。

 

大きな落款の位置

 

贈者の下のスペースに落款を押すスペースがある場合、落款のサイズが標準的な場合は悩む必要はありませんが、社員や社長印等の落款が大きい場合、少しコツが必要になります。大きな落款の場合は、下図のオレンジ枠のように、贈者名に重ねてしまいます。賞状の柄には重ならないようにしてください。

 

賞状 落款 社長印

  • 贈者名に重ねてしまう
  • 賞状の枠柄には重ねない

 

落款は著名を表すので、贈者に重なっても問題ありません。しかし、賞状の枠柄と重なると、とても不恰好に見えてしまいます。これは、実験済みです(^_^;) 仮に贈者とセンターが合わせる事が出来なくても、枠柄と重なる事だけは避けてください。

 

 

落款のススメ

 

賞状は落款があるとイメージが全く変わります。贈者の著名の意味合いがあるので、賞状に命が吹きこまれるのと同じ意味合いを持つでしょう。

 

仮に個人的な賞状だとしても、落款を用意して押してみてはいかがでしょうか?落款はゴム印でも構いません。近くの『はんこ屋さん』で簡単に手に入りますし、インターネットなら豊富な店舗から選べることができます。

 

>>>【楽天市場】落款の検索結果

 

篆刻に挑戦してみる

 

あなたにお時間があれば、篆刻に挑戦してみるのもおもしろいと思います。『画材屋』さんで篆刻セットが安価で手に入るので、挑戦してみてください。上図で押されている【清水克信】の印は、ド素人の私自身が彫ったものです。

 

>>>【楽天市場】篆刻セットの検索結果

 

賞状へ押す落款の位置の解説関連ページ

賞状・表彰状の書き方@ 賞状レイアウト動画
賞状はレイアウトから始まります。電卓片手にレイアウトを決めて、定規を使って枠を書き、鉛筆で下書きします。賞状レイアウト動画をご覧ください。
賞状・表彰状の書き方A 賞状揮毫動画
下書きが書けたら毛筆で揮毫します。賞状の場合、最も左の列から書き始めるのが特徴です。賞状揮毫動画をご覧ください。
賞状・表彰状の書き方B パーツの配置について
賞状・表彰状を作る際に必要なパーツ【表題】【受者】【主文】【日付】【贈者】の配置を解説します。
賞状・表彰状の書き方C実用書道とレイアウト技術
賞状を書くためには、2つの技術が必要になります。1つが【書道の技術】、もう1つが【レイアウトの知識】です。2つの技術を駆使する事で1枚の賞状が書き上がります。