賞状揮毫動画

賞状・表彰状の書き方A<br>賞状揮毫動画

MENU

賞状・表彰状の書き方A 賞状揮毫動画

 

 

賞状は左から揮毫します

 

賞状・表彰状の書き方A 賞状揮毫動画
※クリックで大画像

賞状・表彰状の書き方の動画です。賞状のレイアウトと下書きが終わったら、実際に毛筆で書いていきます。毛筆で字を書く事を揮毫と言います。賞状の揮毫の最大の特徴は、左の行から書き進める事です。理由は、筆を持つ手が賞状に触れてしまう事による"汚れ"を防ぐ為です。

 

大きな紙と、大きな筆で書く場合は関係ありませんが、賞状のように小さな文字を小さな筆で書く場合は、どうしても右手を紙につけて支点にする方が、安定した字が書けるのです。実用書道の面白い点ですね。

 

動画の賞状を揮毫している書体は、前田書風という書体で、中国の古典の影響も受けつつ、実用書道ならではの独特な風合と迫力とを兼ね備えた書体です。

 

この動画では分かりやすいように本用紙に直接レイアウトや下書きを書いています。

 

本来、ご依頼された賞状の場合は、賞状の用紙には直接レイアウトや下書きを書きません。賞状用紙のコピーにレイアウトや下書きを行います。そして、ライトテーブルを使用し、レイアウトされたコピーの上に本用紙を乗せトレースして筆入れを行います。

 

動画が見づらい場合

 

賞状・表彰状の書き方A 賞状揮毫動画

インターネットの環境やパソコンの状態によっては、動画が止まってしまったり見づらい場合があります。動画の画質の変更により、快適に再生できる可能性がありますので、見づらいと感じた場合は動画の設定より画質を低くしてご覧ください。

  1. 動画の右下の「設定アイコン」
    を左クリック
  2. 画質レベルを上げ・下げする

賞状・表彰状の書き方A 賞状揮毫動画関連ページ

賞状・表彰状の書き方@ 賞状レイアウト動画
賞状はレイアウトから始まります。電卓片手にレイアウトを決めて、定規を使って枠を書き、鉛筆で下書きします。賞状レイアウト動画をご覧ください。
賞状・表彰状の書き方B パーツの配置について
賞状・表彰状を作る際に必要なパーツ【表題】【受者】【主文】【日付】【贈者】の配置を解説します。
賞状・表彰状の書き方C実用書道とレイアウト技術
賞状を書くためには、2つの技術が必要になります。1つが【書道の技術】、もう1つが【レイアウトの知識】です。2つの技術を駆使する事で1枚の賞状が書き上がります。
賞状へ押す落款の位置の解説
【筆耕コム】社印や社長印など、賞状の贈者の落款は、どの位置に押せば良いか解説します。個人的に送る賞状も落款があると締まりますよ♪