賞状の書き方 パーツの配置

賞状・表彰状の書き方B パーツの配置について

MENU
10月1日より料金設定を変更いたしました

配送料金の大幅な値上がりと、より料金をより分かりやすくするために、料金設定を変更させていただきました。ご理解の程、よろしくお願いいたします。

賞状のパーツの配置

当筆耕サービスでは、賞状技法の基本的なルールに則って賞状を揮毫しています。基本的な賞状のパーツの並べ方をご紹介します。賞状筆耕サービスをご依頼になるときの参考にしてください。

 

賞状筆耕見本

 

【表題】 表彰状・賞状・感謝状が入ります。個性的な表題として祝還暦・結婚祝いなど。
【受者】 賞状を受け取る人の名前が入ります。敬称(殿・様)が入りますが、証書などでは敬称が付かない事が一般的です。会社名や所属名は名前の右上に入ります。連名が入る事もあります。
【主文】 賞状の本文が入ります。賞状は句読点は付きません。「」は使われます。
【日付】 賞状を授与する日付
【贈者】 賞状を贈る人の名前が入ります。会社名や所属名は名前の右上に、役職名は名前の上に入ります。
【印】 社印や社長印等の落款を押します。ゴム印でも良いので、個人的な賞状でも落款があると締まります。⇒落款の位置

※優秀賞・一等賞・特別賞・●●賞などの【賞】が入る場合や賞の部門などは、表題と受者名の間、もしくは受賞者の上に入ります。

 

主文のコツ

 

主文はできるだけ1文を長くした方が見栄えが良くなります。つまり文章の途切れをできるだけ少なくした方が良いという事です。主文の中で1文〜3文でまとめると見栄えが良くなります。

賞状・表彰状の書き方B パーツの配置について関連ページ

賞状・表彰状の書き方@ 賞状レイアウト動画
賞状はレイアウトから始まります。電卓片手にレイアウトを決めて、定規を使って枠を書き、鉛筆で下書きします。賞状レイアウト動画をご覧ください。
賞状・表彰状の書き方A 賞状揮毫動画
下書きが書けたら毛筆で揮毫します。賞状の場合、最も左の列から書き始めるのが特徴です。賞状揮毫動画をご覧ください。
賞状・表彰状の書き方C実用書道とレイアウト技術
賞状を書くためには、2つの技術が必要になります。1つが【書道の技術】、もう1つが【レイアウトの知識】です。2つの技術を駆使する事で1枚の賞状が書き上がります。
賞状へ押す落款の位置の解説
【筆耕コム】社印や社長印など、賞状の贈者の落款は、どの位置に押せば良いか解説します。個人的に送る賞状も落款があると締まりますよ♪