宛名書き書き方 封筒横書き

結婚式 招待状|宛名の配置・レイアウト(封筒横書き)

MENU
10月1日より料金設定を変更いたしました

配送料金の大幅な値上がりと、より料金をより分かりやすくするために、料金設定を変更させていただきました。ご理解の程、よろしくお願いいたします。

宛名の配置・レイアウト(横書き)

結婚式招待状の宛名を書こうと考えている方へ、"横書き"封筒の宛名書きの配置をご紹介します。実際に【筆耕コム】で実践している配置レイアウトです。参考にしてください。

 

名前の配置

 

センター確保

宛名の配置・レイアウト(横書き)

 

封筒の宛名書きで最も重要なパーツが【名前】です。名前の配置の大基本は、中心に合わせる事です。封筒の上下から中心となり、左右からも中心、もしくは中心よりやや右側になります。字体は太く大きく書く事が重要です。少なくとも、住所より太く大きく書きあげます。

 

連名が入る場合

 

連名が2名までの場合は、このまま名前の下に並べれば大丈夫です。もし、3名以上になる場合は、名前を中心よりも上に持っていき、文字の大きさも小さくする事になります。

 

郵便番号・住所の配置

 

切手の位置を確保

招待状 宛名 手書き 見本

 

郵便番号・住所の配置を考える際には、まず切手の位置を確保しておきます。(オレンジの四角)封筒の横書きの場合、切手は右上になります。書き終えた後に「切手の事を忘れてた!」と言う事が無いように、初めのうちに確保しておきます。

 

上下のバランス

 

郵便番号・住所の縦の配置は、(緑の丸印)郵便番号の上は狭く、住所の下は広くとります。これは、住所が長く2行書きになった場合でも同じです。

 

住所以外にも会社名や部署名などが入り、名前の上部にたくさんの行数が並んだ場合は、名前を少し下げていきます。それでも、名前は原則中心なので、名前を下げていくのは最後の手段として考えます。

 

書きはじめの位置

 

郵便番号・住所の横の配置は、郵便番号から文字半分程度右に下げて住所を書きはじめます。名前の書き出しは、更に名前の文字1つ分程度下げて書きはじめます。名前は文字数によって書き出しの場所を変えたりもしますが、原則としては、住所よりも右側から書きだします。

 

 

名前の配置、郵便番号・住所の書き出しは上記が基本ルールとなります。上記を踏まえていれば、細かいルールはありません。封筒の形・サイズ、書く道具(筆・ペン・万年筆など)、自分の書体、イロイロな条件でバランスが取れているのが良いレイアウトと言う事になります。

結婚式 招待状|宛名の配置・レイアウト(封筒横書き)関連ページ

結婚式 招待状の【宛名書き】書き方@ リストと下書き
結婚式 招待状【宛名書き】のリストを頂いた後の作業と下書きの方法を公開。自分で書く際にも参考にしてください。
結婚式 招待状の【宛名書き】書き方A 毛筆で書く
結婚式 招待状【宛名書き】を筆での書き方を公開。ご自身で書く際にも参考になりますよ♪
招待状の宛名書き「自分で書く時のワンポイントアドバイス」
結婚式の招待状の宛名書きをご自身で書く場合、筆記具、文字の大きさ、レイアウトなど、コツや注意点をご紹介します。自分で書けそうも無かったら、筆耕コムにご依頼くださいね(#^.^#)
封筒の切手を貼る位置
切手を貼る位置について解説します。縦書き・横書きの場合、封筒の切手を貼る位置はどのようになるのか?また、封筒の開口部についても解説します。