【美文字】下手な字の特徴

ホント言葉が悪くて申し訳ないのですが、
下手な字、汚い字の特徴を考えてみます。

字を書くのが苦手

人にはそれぞれ個性があるので、
どんな字を書いても問題ありません。

ただ、自分の書く文字にコンプレックスを
持っているのなら参考にしてください。

一般的に美文字の本でも講座でも、
きれいな字の書き方を教えてくれます。

それは、ある程度のレベルであれば効果的ですが、
全く字が下手な場合は少し早いかもしれません。

美文字の練習の前に、
まず自分の文字の悪い点を知る事が大切で、
ある程度矯正する事が大切だと思います。

ある日の出来事

先日、車のファンベルトを交換してきました。

ショップのメカニックはとても好青年で、
丁寧な仕事と丁寧な説明をしてくれました。

最後に、点検報告書を頂いたのですが、
ホント申し訳ないけど、読みにくかったのです。

下手な字の特徴

※点検報告書の模写。
こんな所で例に出してごめんなさい。

下手な字には特徴がある

この報告書を見ていて感じたのは、
「少し修正すれば劇的に変わるのではないか?」
という事です。

まず想像したのが、ペンの持ち方です。
ペンの持ち方が運筆のコントロールを妨げている?

次に、書きにくい場所で書いたのか?
しかし、筆圧と線質から場所は問題無さそうです。

あとは、文章の書き方になります。

  • 偏と旁のバランス
  • 空間の間隔
  • 中心の意識
  • 文字の大きさの均整
  • 全体的にカタカナの字形
  • 誤字は気を付ける

これらを中心に意識して書いていくと
文字は変わってくるのではないでしょうか?

美文字は憧れますが、普段の生活では、
まず読みやすい文字を書く事が大切だと思います。

しかも練習なしに簡単に!

どうすれば
下手な字のコンプレックスを解消できるか?
今後も研究していきたいと思います。

賞状講座の資料請求

筆耕のお仕事を探している方にとって、賞状や宛名書き、式辞や記章を書く技術、またレイアウトの知識は必須となります。各講座では基本的な技術と知識を身に付ける事ができます。これらの講座は学べる知識に大きな差はありません。

ただ、【書風】が全く違います。僕が学んだ「賞状技法士」は「前田書風」という書体で、ちょっと特殊です。資料請求は無料なので、比べてみて自分にあった書風、自分の好みの書風の講座を選ぶと良いと思います。

  1. たのまな賞状技法士講座⇒ 資料請求
  2. がくぶん賞状書士講座⇒ 資料請求
  3. ユーキャンの賞状書法講座⇒ 資料請求

★ご訪問頂きありがとうございます★
↓クリック頂けるとありがたいッス↓
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村

続きはコチラ

2016年より新しいブログに移行します。
お天道様に感謝 〜筆耕士の揮毫日記02〜

コメントを残す