賞状筆耕料金と賞状筆耕ソフト

『筆耕.com』のメイン業務は【賞状筆耕】と考えています。実際の依頼割合は【ブライダル筆耕】が最も多いのですが、メイン業務は【賞状筆耕】で、最も特殊な技術と言えるのは、やっぱり【賞状筆耕】です。今後は、法人・個人問わず【賞状筆耕】のさらなる強化を図っていこうと思います。

賞状筆耕 レイアウトの例

全文筆耕の場合、原稿を頂いたら賞状のコピーにレイアウトと下書きを書きます。この段階で一度お客様には【校正】をお願いしています。無事【校了】となったらトレーサーを使い毛筆筆耕の作業に入ります。

 

賞状筆耕料金

『筆耕.com』の賞状筆耕料金は以下の通り

全文筆耕
  • 100文字まで・・・4200円
  • 100文字超え5文字毎・・・+170円
部分筆耕
  • 1か所(基本)・・・200円
  • 2か所目から・・・+80円

以上の設定になっています。

ネットで他の筆耕業者さんのページを見させていただくと、全文1枚20,000円の場合もあるし、3000円程度で受注している激安の業者さんもいます。『筆耕.com』の賞状筆耕料金は、これらたくさんの業者さんを調査して、異常に高い、異常に安い料金は外した上で、平均相場を計算して設定しています。

賞状筆耕ソフト

『筆耕.com』の賞状筆耕の大きなライバルの一つとして、パソコンと印刷があります。世の中は印刷の賞状の方が主流にと言えるほど、イロイロな場面で印刷の賞状を見かけます。だからこそ手書きの賞状には価値があるのでしょうけど、最近の筆耕ソフトには正直驚かされます。

賞状の筆耕ソフトとして有名なのがこれ。


マックス ビジネス筆耕ソフト筆総務 SK-201

賞状をレイアウトする画面は、「手書きか?」と一瞬見間違う程でした。

凄いな~!

いやいや!いくら文明が進んでも相手は機械、人間の手書きの温かみや味は出せないに違いない(^_^;) 感心ばかりしていないで、お客様に心のこもった最高の賞状を提供できるように、これからも精進していこうと思います。

賞状講座の資料請求

筆耕のお仕事を探している方にとって、賞状や宛名書き、式辞や記章を書く技術、またレイアウトの知識は必須となります。各講座では基本的な技術と知識を身に付ける事ができます。これらの講座は学べる知識に大きな差はありません。

ただ、【書風】が全く違います。僕が学んだ「賞状技法士」は「前田書風」という書体で、ちょっと特殊です。資料請求は無料なので、比べてみて自分にあった書風、自分の好みの書風の講座を選ぶと良いと思います。

  1. たのまな賞状技法士講座⇒ 資料請求
  2. がくぶん賞状書士講座⇒ 資料請求
  3. ユーキャンの賞状書法講座⇒ 資料請求

★ご訪問頂きありがとうございます★
↓クリック頂けるとありがたいッス↓
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村

続きはコチラ

2016年より新しいブログに移行します。
お天道様に感謝 〜筆耕士の揮毫日記02〜

コメントを残す