筆耕の筆は消耗品なので…。

普段、筆耕のお仕事で使っている筆は、
『選毫圓健』という唐筆です。※中国の筆

細字用の細筆は消耗品なので、
1ヵ月に2~4本は下します。

宛名書きにすると、200~300枚も書けば、
だいぶくたびれてきます。

なので、筆を買うときは
10本~20本とまとめ買いをします。

『選毫圓健』という唐筆ですが、
品質にばらつきがあり、当たり外れが大きいです。

10本使うと、2~3本は使えない筆、
3~5本が許容範囲、ベストは1~2本です。

使えない筆とは、新品から下した段階で、
筆に癖がついていたり、ムチャクチャ細かったりします。

消耗品なので、半分あきらめていましたが、
それでも、もっとベストな筆が無いだろうかと思い、
今回、初めて違う筆を買ってみました。

DSC_0334

『大七紫三羊毫』と書いてあります。
これまでよりも太い筆です。唐筆ですが。

DSC_0335

この筆が、自分と相性が合えば良いなぁ…。

賞状講座の資料請求

筆耕のお仕事を探している方にとって、賞状や宛名書き、式辞や記章を書く技術、またレイアウトの知識は必須となります。各講座では基本的な技術と知識を身に付ける事ができます。これらの講座は学べる知識に大きな差はありません。

ただ、【書風】が全く違います。僕が学んだ「賞状技法士」は「前田書風」という書体で、ちょっと特殊です。資料請求は無料なので、比べてみて自分にあった書風、自分の好みの書風の講座を選ぶと良いと思います。

  1. たのまな賞状技法士講座⇒ 資料請求
  2. がくぶん賞状書士講座⇒ 資料請求
  3. ユーキャンの賞状書法講座⇒ 資料請求

★ご訪問頂きありがとうございます★
↓クリック頂けるとありがたいッス↓
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村

続きはコチラ

2016年より新しいブログに移行します。
お天道様に感謝 〜筆耕士の揮毫日記02〜

コメントを残す