賞状講座について~筆耕士を目指す方へ

賞状講座について
筆耕のお仕事に興味がある方には、まず賞状講座の受講をお勧めします。賞状講座では、賞状の書き方の他に、宛名書き式辞等、筆耕の業務に必要な技術を学ぶことができます。

僕が受講したのは『賞状技法士』なのでおススメしたいのですが、【書風】に特徴があります。正直、好みが分かれるので、各講座の資料から書風を見比べて選択してください。各講座の書風は誰にでもわかるほど違います。

  1. がくぶん賞状書士講座⇒ 資料請求
  2. ユーキャンの賞状書法講座⇒ 資料請求
  3. たのまな賞状技法士講座⇒ 資料請求

※各講座の資料請求は無料です。
※賞状技法士は3級が標準です。

筆耕士にはどうすればなれるのか?

その答えはありません。

筆耕士には国家資格が無いので、自分でできると思ったら始めてもらって結構です。つまり自分で「私は筆耕士です」と名乗れば筆耕士なのです。

ただ、筆耕には芸術書道には無い技術が必要になります。細字で楷書を書く事が中心になりますが、時として賞状独特の技術が必要になります。

また、賞状・宛名書き・式辞など、筆耕の仕事の多くに書き方の基本ルールがあります。特に賞状は専門的な知識が無いとレイアウトする事ができないでしょう。だから賞状講座を受講しなくてはいけないのです。

独学で学ぶと10年かかるところを、講座を受講してしまえは1~3年で習得する事が可能になります。また、賞状講座で宛名書き・式辞・他の基本も学べるはずなので、筆耕士として必要な知識を多く習得できる事になります。

現在、書道の先生をやっている方も、書道は専門的にやっていない方も、誰にでもチャンスは平等にあります。(※ちなみに僕は後者でした)あとは本人次第なので、自分の人生を有意義にするためにもやりたい事に挑戦してみてください。

ココだけの話「僕はむちゃくちゃ下手だった!」

僕は書道大学出身ではありません。書道部所属の経験もありません。書道歴は小学生の時に近所の習字教室に通ったことと、高校の芸術の授業で書道を選択しただけです。

ということは、書道の専門知識、基礎技術は皆無と言って良いでしょう。

今でこそ、【賞状技法士1級】【毛筆書写検定1級】【硬筆書写検定1級】を取得していますが、賞状を学び始めたころは、恐ろしいほどに下手でした。

恥を忍んで画像を公開します。

賞状技法士の添削~あの頃僕は下手だった。

賞状技法士の添削~あの頃僕は下手だった。

ひえ~!ひどすぎる!丁寧に教えていただいた先生に感謝いたします(/ω\)

今現在、書道を継続している方であれば、あっという間に賞状も上手に書けるようになると思います。書道経験が無くても書けるようになります。僕のように。

こんなに下手だった僕が、今では【賞状技法士1級】プロ筆耕士なのですから♪

  1. がくぶん賞状書士講座⇒ 資料請求
  2. ユーキャンの賞状書法講座⇒ 資料請求
  3. たのまな賞状技法士講座⇒ 資料請求

※各講座の資料請求は無料です。
※賞状技法士は3級が標準です。