『文字数の多い賞状全文筆耕』ご依頼大歓迎!

賞状は大体100~150文字程度が標準的です。しかし、賞状の内容や趣旨によっては200文字を超える事もあります。ちなみにこれまでの依頼で最高は403文字です。

A3賞状で403文字の場合、1文字の大きさが8mm×8mm程度なので、400字詰め原稿用紙よりも文字が小さいと言う事になります。これは中々の詰め込み具合でした。

20150423001

賞状は100~150文字程度でセオリー通りに書かなくてはいけない訳ではありません。贈る相手に気持ちを伝える為に、文字数が多くなっても別にかまいません。賞状っぽくなくて、手紙っぽくても良いのです。

今回、昨年からのリピーターの法人様からご依頼を頂きました。こちらのお客様も文字数が250超ととても多いです。しかも用紙はB4サイズで、標準のA3サイズの88%の大きさです。

dsc_1261

賞状を書く立場の人間として、文字数の多い賞状はとてもチャレンジングです。文字数が多ければ、文字が小さくなり書くのが困難なのですが、それ以上にレイアウトに頭を悩まされます。でも、これって楽しいんですよね。悩んで悩んで作り上げる喜びがあったりするのです。

賞状は心が伝わるのなら、どのような内容でも構わないと思います。文字数が多い賞状依頼、大歓迎です。お気軽にどうぞ~♪

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べてみてください。

がくぶん賞状書士講座の資料請求

ユーキャンの賞状書法講座の資料請求

たのまな賞状技法士講座の資料請求

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付 速習実用筆ペン講座(添削無) ※6回の学習サポートメール付 無料資料請求

書写検定対策オリジナル教材


平成29年に硬筆書写検定1級、平成30年に毛筆書写検定1級にそれぞれ合格できました。試験対策しているときに思ったのが『こんな教材があったらいいのに…』です。そこで、自分の経験を踏まえオリジナル教材を作っています。是非ご活用ください。

書写技能検定テキスト&攻略法

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください