臨書『書譜(孫過程)』~書写検定で最重要な草書~

1月29日の硬筆・毛筆書写検定に向けて、チマチマお勉強しています。一応、計画を立てて進めていますが、今回は『書譜(孫過程)』の臨書をしました。ちょっと今更感もありますが、やらないよりはやった方がマシって事で(^_^;)

臨書『書譜(孫過程)』~書写検定で最重要な草書~

臨書『書譜(孫過程)』~書写検定で最重要な草書~

書写検定1級・準1級・2級では、草書の読み書きが必要になってきます。草書と言ってもいろいろあるのですが、書写検定では古来よりの伝統的な草書を出題すると言っています。

  1. 書譜(孫過程)
  2. 一七帖(王羲之)
  3. 真草千字文(智栄)

そして、これだけは最低でも勉強しなさいよ。と言っているのが上記の3作品。重要度もこの順番だと思います。過去問を見ると、毛筆は実技と理論、硬筆でも理論での出題の可能性が高いです。

書譜(孫過程)の臨書 其の①

書譜(孫過程)の臨書 其の①

書譜(孫過程)の臨書 其の②

書譜(孫過程)の臨書 其の②

今回の書譜(孫過程)の臨書は冒頭の300文字程度です。臨書というよりは、「サクサク書いてとにかく覚えなくては!」って感じで、草書を覚える為の練習の意味が強いです。

次は一七帖(王羲之)の臨書(冒頭だけ)をやるつもりで、できれば試験までに各2回は臨書したいなと思っています。真草千字文(智栄)は冒頭だけという訳にもいかないので断念しました。

本当はもっと早い段階からはじめるべきでしたが、まあ仕方ないです。やるだけやって、天命に身をゆだねます。

あ~毎日ヒーヒー言って楽しいな♪
おわり

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べてみてください。

がくぶん賞状書士講座の資料請求

ユーキャンの賞状書法講座の資料請求

たのまな賞状技法士講座の資料請求

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付『速習実用筆ペン講座』無料資料請求

書写検定対策オリジナル教材


平成29年に硬筆書写検定1級、平成30年に毛筆書写検定1級にそれぞれ合格できました。試験対策しているときに思ったのが『こんな教材があったらいいのに…』です。そこで、自分の経験を踏まえオリジナル教材を作っています。是非ご活用ください。

書写技能検定テキスト&攻略法

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください