難しいヨ!『卒業証書』の本文(版下)

卒業証書の依頼はほとんどが名入れなので、全文書く事は1シーズンに1~2件しかありません。そんな1~2件の卒業証書版下のご依頼があったので、レイアウト作業をご紹介します。

【卒業証書の名前入れ】お気軽にお問合せ・ご依頼ください。※急ぎも極力対応します。
卒業証書の名前入れ詳細(筆耕コム公式サイト)
『卒業証書』の本文(版下)レイアウト作業

『卒業証書』の本文(版下)レイアウト作業

今回のご依頼は、A3とB3のちょうど中間の特殊なサイズでした。レイアウトは賞状の標準A3から112%拡大して考えます。

『卒業証書』の本文(版下)レイアウト作業②

『卒業証書』の本文(版下)レイアウト作業②

一応、賞状レイアウト集を言うのがあって、通常の賞状はそれを参考に考えていくのですが、卒業証書の場合は、レイアウトが特殊なので、レイアウト集は役に立ちません。

『卒業証書』の本文(版下)レイアウト作業③

『卒業証書』の本文(版下)レイアウト作業③

今回は7パターン作ったのですが、レイアウトだけで半日かかりました。最大の原因は慣れていないサイズで、さらに卒業証書だったからです。

卒業証書はパッと見るとシンプルで簡単そうですが結構難しいのです。

卒業証書はパッと見るとシンプルで簡単そうですが結構難しいのです。

学校の印や証書番号があると、通常の賞状の感覚ではレイアウトできません。また、学校長の肩書をどうするかも頭を悩ませます。

学校長の肩書はできるだけ名前の上に乗せたいのですが、かなり長くなります。そこで2行書きにするのか、書き出しの位置をセオリーに反して上に上げるのか・・・。

でも、頭を悩ませた上で、きれいにレイアウトできると達成感は大きくなります。実は難しいレイアウト程、楽しかったりするのです。

難しい賞状レイアウト大歓迎♪

卒業証書の教材を作りました!

卒業証書に必要な道具、作業の流れ、名前や生年月日の正しい位置、旧字体・書写体・活字など注意すべき漢字など、卒業証書の名前入れに関してプロの視点でまとめました。全国の先生方、ぜひお役立てください。
>>>卒業証書の名前の書き方~正しいレイアウトと書き方の教材

おわり

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べてみてください。

がくぶん賞状書士講座の資料請求

ユーキャンの賞状書法講座の資料請求

たのまな賞状技法士講座の資料請求

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付『速習実用筆ペン講座』無料資料請求

書写検定対策オリジナル教材


平成29年に硬筆書写検定1級、平成30年に毛筆書写検定1級にそれぞれ合格できました。試験対策しているときに思ったのが『こんな教材があったらいいのに…』です。そこで、自分の経験を踏まえオリジナル教材を作っています。是非ご活用ください。

書写技能検定テキスト&攻略法

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください