書家ではなく賞状技法士です

僕は毛筆を書く事を生業としています。
つまり筆耕です。※筆耕とは毛筆でお金を稼ぐこと。

筆耕と言う言葉だけだとイメージが湧かないので、
『士』を加えて【筆耕士】と名乗っています。

筆耕のお仕事と言ってもいろいろありますが、
僕がメインにしているお仕事は賞状を書く事と
ブライダルの宛名書きです。

表彰状の見本

この筆耕の技術をどこで学んだかと言うと、
『賞状技法士養成講座』です。

賞状書士と並んで有名ですね。

『賞状技法士講座』はその名の通り
賞状を書く技術を教えてくれます。

書体は楷書ですが、ちょっと特徴的です。
普通の楷書とはかなり異なります。

特にひらがなは別物です。

いわゆる、賞状文字の一種ですが、
他の賞状文字が「ボテッ」としたイメージに対して、
賞状技法士は「ビシッ」としたイメージです。

どちらが良いのか?
どちらが賞状にふさわしいのか?

この辺は好みの問題になります。

手書きの認定証の見本

僕の書く賞状は、まだまだ理想には届きませんが、
賞状技法士の書き方+少し丸みを帯びています。…と思います。

何で、この形になったのかと言うと、
書いているうちにそうなりました。

手書きの修了証の見本

お仕事として毛筆を書いていて、
賞状に適した楷書を目指して書いています。

と言う事は、芸術書道とは全く別物となり、
当然『書家』や『書道家』ではありません。

「職業は書家です。」

いつかは言ってみたいですけどね~♪
カッコいい!!

おわり

『賞状』の通信講座をお考えの方へ

筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べて選択して下さい。


>>>賞状講座について

 

ご質問大歓迎

美文字の事・実用書道の事・筆耕のお仕事の事など、コメント欄へのご質問大歓迎!初歩的な事からハイレベルな事まで、僕の分かる範囲でお答えします。

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください