目録の書き方

久々に目録の筆耕依頼を頂きましたので、ベストのレイアウトを探っていました。ここでは、基本的な目録の書き方をご紹介します。

目録の筆耕ご依頼

目録の筆耕ご依頼

久々の目録のご依頼だったので、書き方の確認と、きれいに見える為のレイアウトを模索しました。ポイントは、文字の書く場所、書き出し位置、文字の大きさです。

目録の書き方

目録の書き方

書く場所は上図の通りです。

書き出し位置は、表題(目録)は左右中央で上下でやや上。品名と受者が同じ。「右、…」と日付が同じ。贈者は日付より1段下から。※上図はずれてしまっていますね。

文字の大きさは『表題(目録)>受者>品名>贈者>日付&「右、 …」』といった感じです。まあ、あまり神経質になる必要はありませんが、目録を書く際は参考にしてください。

おわり

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べてみてください。

がくぶん賞状書士講座の資料請求

ユーキャンの賞状書法講座の資料請求

たのまな賞状技法士講座の資料請求

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付『速習実用筆ペン講座』無料資料請求

書写検定対策オリジナル教材


平成29年に硬筆書写検定1級、平成30年に毛筆書写検定1級にそれぞれ合格できました。試験対策しているときに思ったのが『こんな教材があったらいいのに…』です。そこで、自分の経験を踏まえオリジナル教材を作っています。是非ご活用ください。

書写技能検定テキスト&攻略法

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください