鍾繇の薦季直表(221)を臨書してみた

魏の鍾繇の薦季直表(221年)を臨書してみました。鍾繇というと孫過程の書譜に登場します。はじめて鍾繇を臨書しましたが、何だかかわいい書風ですね。

鍾繇の薦季直表(221)を臨書してみた01

鍾繇の薦季直表(221)を臨書してみた01

鍾繇の薦季直表(221)を臨書してみた02

鍾繇の薦季直表(221)を臨書してみた02

鍾繇の薦季直表(221)を臨書してみた03

鍾繇の薦季直表(221)を臨書してみた03

鍾繇の薦季直表(221)を臨書してみた04

鍾繇の薦季直表(221)を臨書してみた04

鍾繇の薦季直表(221)を臨書してみた05

鍾繇の薦季直表(221)を臨書してみた05

書体は楷書に分類されるようです。そう言えば、この書風の創作作品も結構見ますね。柔らかくて良い雰囲気です。隷書の雰囲気も残しつつの楷書って感じ。

ちなみに魏は国の名前で三国志の時代の魏の事です。日本は邪馬台国の卑弥呼の時代です。魏志倭人伝ですね。(※失礼な漢字の当て字だよね。)

時系列で言うと、王羲之と鍾繇がほぼ同時期でAD220年前後。300年後の北魏楷書がAD500年前後。さらに150年後に初唐の3大家でAD650年前後。そして、120年後に顔真卿でAD770年前後。

楷書の書風の流れを見ると王羲之の楷書が完成されすぎていて、どうもシックリこないんだけど、どう思います?

おわり

書写検定対策オリジナル教材


平成29年に硬筆書写検定1級、平成30年に毛筆書写検定1級にそれぞれ合格できました。試験対策しているときに思ったのが『こんな教材があったらいいのに…』です。そこで、自分の経験を踏まえオリジナル教材を作っています。是非ご活用ください。

書写技能検定テキスト&攻略法

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付『速習実用筆ペン講座』無料資料請求

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べて選択して下さい。

>>>賞状講座について

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください