ペナントリボンの書き方~筆耕作業の流れ~

持ち回りのトロフィーや優勝旗などに付ける
ペナントリボンのご依頼も少なくありません。

ここでは、
ペナントリボンの作業の流れをご紹介します。

[colored_box color=”green” corner=”r”]
【筆耕コム】ペナントリボンの筆耕と注文の詳細↓
>>>ペナントリボンの文字入れ筆耕ご依頼について
[/colored_box]

ペナントリボン筆耕作業の流れ
ペナントリボンの書き方~レイアウト~
ペナントリボンの書き方~レイアウト~

リボン自体をコピーして、
レイアウトの線を引いていきます。

今回のご依頼は、ご依頼主から
『優勝と名前を大きく、下は6cm以上空ける』
というリクエストがあったので、
それを踏まえて考えました。

ペナントリボンのセオリーでは
上部の空間は1文字強あける
下部の空間は1.5文字強あける
というのがあります。
※厳密という事でもありません。

今回は下側を6cmとセオリーより大きく開けていますが、
過去のリボンに合わせての対応ということです。

ペナントリボンの書き方~下書き~
ペナントリボンの書き方~下書き~

レイアウトの線が引き終わったら下書きをします。

下書きをしていると修正点も見えてくるので、
レイアウトの調整も行います。

ペナントリボンの書き方~専用墨汁~
ペナントリボンの書き方~専用墨汁~

下書きができたら毛筆で書いていきます。

ペナントリボンは布なので、
一般の墨や墨汁では滲んでしまいます。

そこで、布地専用の滲まない
『帛書墨』という墨汁を使います。

※実際は帛書墨と水とポスターカラーで微調整しています。

布をにじませない方法はいろいろとあるのですが、
最も確実なのが専用墨汁を使うことです。

ペナントリボンの書き方~毛筆揮毫~
ペナントリボンの書き方~毛筆揮毫~

トレーサー(ライトテーブル)を使用して、
下書きの上にペナントリボンを重ねて書いていきます。

布地専用の墨汁を使っているので滲みませんが、
つけすぎるとになってしまい、かと言って
少ないとすぐにかすれが出てしまいます。

適度な量をこまめに付け足して書いていきます。

ペナントリボンはボコボコしているので、
穂先が自分の意思とは関係無く動いてしまう事があります。

こればかりはどうしようもないので、
慣れるしかありません。

書けない場合は筆耕コムにご依頼ください(^^)/

ペナントリボンの書き方~全体のバランス~
ペナントリボンの書き方~全体のバランス~

今回はご依頼主のレイアウトのリクエストがあり
下部のスペースがかなり広くとられています。

仮にリクエストが無かったら
優勝と名前の文字間を広げて
下部は2文字程度の空間にしたでしょう。

正直、普段小筆に慣れていない方にとって
ペナントリボンはかなり難易度が高いです。

どうしても難しいと感じるなら、
筆耕コムにお気軽にご用命ください。

1本540円~+送料なので、
相場よりもかなり安価で対応しています。

[deco_bg image=”postit1″ ]

筆耕コムのペナントリボン

筆耕コムではペナントリボンの筆耕のみの対応でしたが、
リボン自体の販売も始めました。
大(7.5x90cm)・中(5.0x60cm)・小(3.8x30cm)・特小(2.5x25cm)

>>>ペナントリボンの文字入れ筆耕ご依頼について
お気軽にご用命下さい。
[/deco_bg]

おわり

 

[colored_box color=”green” corner=”r”]

[/colored_box]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください