ペナントリボンの書き方~筆耕作業の流れ~

持ち回りのトロフィーや優勝旗などに付けるペナントリボンのご依頼も少なくありません。ここでは、ペナントリボンの作業の流れをご紹介します。

ペナントリボンの書き方~レイアウト~

ペナントリボンの書き方~レイアウト~

リボン自体をコピーして、レイアウトの線を引いていきます。今回のご依頼は、ご依頼主から『優勝と名前を大きく、下は6cm以上空ける』というリクエストがあったので、それを踏まえて考えました。

ペナントリボンは上下の余白を大きめにとる事がセオリーです。上は1文字強、下部は3文字強。ということはこのリクエストは理にかなっているということです。たぶん過去のリボンに倣ったのでしょう。

ペナントリボンの書き方~下書き~

ペナントリボンの書き方~下書き~

レイアウトの線が引き終わったら下書きをします。下書きをしていると、レイアウトの修正点も見えてくるので、レイアウトの調整もします。

ペナントリボンの書き方~専用墨汁~

ペナントリボンの書き方~専用墨汁~

下書きができたら、毛筆で書いていきます。ペナントリボンは布なので、一般の墨や墨汁では滲んでしまいます。そこで、布地専用の滲まない『帛書墨』という墨汁を使います。

布をにじませない方法はいろいろとあるのですが、最も確実なのが専用墨汁を使うことです。

ペナントリボンの書き方~毛筆揮毫~

ペナントリボンの書き方~毛筆揮毫~

トレーサー(ライトテーブル)を使用して、下書きの上にペナントリボンを重ねて書いていきます。

布地専用の墨汁を使っているので滲みませんが、つけすぎるとになってしまい、かと言って少ないとすぐにかすれが出てしまいます。適度な量をこまめに付け足して書いていきます。

ペナントリボンはボコボコしているので、穂先が自分の意思とは関係無く動いてしまう事があります。こればかりはどうしようもないので、慣れるしかありません。

ペナントリボンの書き方~全体のバランス~

ペナントリボンの書き方~全体のバランス~

今回はご依頼主のレイアウトのリクエストがありましたが、リクエストが無くても同じようなレイアウトになったと思います。特に下部は広めにスペースを空けた方がバランスが良いでしょう。

おわり

書写検定対策オリジナル教材


平成29年に硬筆書写検定1級、平成30年に毛筆書写検定1級にそれぞれ合格できました。試験対策しているときに思ったのが『こんな教材があったらいいのに…』です。そこで、自分の経験を踏まえオリジナル教材を作っています。是非ご活用ください。

書写技能検定テキスト&攻略法

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付『速習実用筆ペン講座』無料資料請求

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べて選択して下さい。

>>>賞状講座について

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください