大きな意味が!神社にお賽銭はいくら入れる?

もうすぐ年末年始、年初めは神社やお寺に初詣に行く人も多いと思います。早速ですが、お賽銭はいくら入れていますか?まさか『5円』や『10円』ではないですよね…。

神社にお賽銭はいくら入れる?

神社にお賽銭はいくら入れる?

よく聞く話ですが、『ご縁があるように5円』『十分ご縁があるように15円』を入れる人がいます。もしこの習慣があるなら忘れてください。

「気持ちだから、金額は関係ない」と言う人もいますが、気持ちであればそれなりの金額を入れましょう。※5円でお願いを聞いてくれるほど神様は甘くない。

「目に見えない神様なのでお金は必要ない」と言う人もいますが、その神様を祀って、皆が気持ちよく参拝する為の神社は維持費も人件費もかかります。

お賽銭は、神社にとっても参拝者にとっても必要なお金なので、感謝の念を込めて入れましょう。

では、実際いくら入れたらいいの?

お賽銭の金額ですが、『3,6,9』の数を納めると良いと言います。各桁の合計数が『3,6,9』になるようにします。

例えば『300円』『600円』『900円』とか、
『180円:1+8+0=9』
『240円:2+4+0=6』
『360円:3+6+0=9』などです。

成功者の多くは神社やお寺への参拝を大切にしています。

成功者の多くは神社やお寺への参拝を大切にしています。

特に初詣は、その年の初めての参拝なので、それなりの金額を入れると良いです。

初詣では、1万円札を入れる人をたまに見かけますよね。やはり企業の社長さんや地位の高い人の事が多いのですが、成功者は高額のお賽銭をするのが特徴です。

成功者の多くは神社やお寺への参拝を大切にしています。
これは昔の戦国武将などと同じです。

初詣の願い事は?

また、初詣でのお願い事は大きなテーマの方が良いと言います。

『国家の安寧、皇室の繁栄、世界の平和』

来年はこれらをお願いして来ようと思います。
正確にはお願いではなく宣言ですね。個人的なお願いは初詣以降の参拝に宣言します。

今年読んで面白かった神社関係の本

今年読んで面白かった神社関係の本

超面白い日本の神社と超古代史

今年もたくさんのお寺や神社に行きましたが、日本人である事に誇りを感じる事は勿論、日本って本当に面白い国だと言う事を再認識しました。

特に漢字が伝来する以前の日本古代史って全然分かっていないので、本当の事を知りたくなります。古事記だけでは足りないのですよ!

日本各地の神社には漢字伝来以前の古代文字(神代文字)がたくさん残されています。これらが完全に解読されると面白いのだけど…。AIの発達に期待します。

少しだけ超古代史を語ると…。

天照系の天津神はプレアデスから来た人々で、古代の世界を統治していた可能性が高いと思います。紋章は太陽を象徴とした菊の紋です。

この菊の紋はエジプトの王墓の埋葬品からも見かけられてます。また、メソポタミア文明のシュメール人の王族の紋章としても使われています。そして、我々日本が誇る皇室の紋章は16花弁菊花紋です。

プレアデスから来た人々は世界中に散らばり、文明を築いたのでないか?そして、日本では天津神と呼ばれた…。さらば昴よ~♪ですね。

オラわくわくすっぞ!

合格祈願、大願成就、パワースポット、御朱印集め、それだけじゃない!神社もイロイロな視点から参拝すると何倍も面白くなるのです!

おわり

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付『速習実用筆ペン講座』無料資料請求

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べて選択して下さい。

>>>賞状講座について

 

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください