神社への勘違い!東国三社巡りで思った【感謝】

先日、妻と小4の姪っ子を連れて東国三社めぐりをしました。姪っ子に神社のマナーを教えながらの参拝です。そこで、少し前にTVで見た大物芸人の発言を思い出し、あることを思いました。

★ご訪問頂きありがとうございます★
↓↓↓クリック頂けるとありがたいッス

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村

東国三社めぐりとは

東国三社とは

  • 鹿島神宮…主祭神:タケミカヅチ
  • 息栖神社…主祭神:クナドノカミ
  • 香取神宮…主祭神:フツヌシ

以上の三社の事を言います。

この三社を巡るのを『東国三社巡り』と言い、江戸時代は伊勢に参拝に行ったあとは東国三社巡りをするのがブームだったそうです。ちなみに、『神宮』とつく神社は現在たくさんありますが、昔は『伊勢』『鹿島』『香取』だけでした。

タケミカヅチフツヌシは出雲国譲りの時に高天原から派遣された神様です。※古史古伝ホツマツタヱでは兄弟。クナドノカミは、出雲国譲り後に東国の平定に向かったタケミカヅチとフツヌシを先導した神様です。

東国三社の鹿島神宮

そんな、東国三社巡りに妻と姪っ子と3人で行ってきました。
↓僕のもう一つのブログで詳細を書いています。
>>>東国三社巡りドライブで東国三社守りゲット!鹿島→息栖→香取の順番

神社は感謝するところ

姪っ子に

  • 手水舎での清め方
  • 参道の歩き方
  • 鳥居でのあいさつ
  • 二礼二拍一礼など参拝方法
  • 神様へのあいさつの方法

など、飽きない程度に軽く教えながらの参拝でした。

ここで最も重要なのが『神様へのあいさつの方法』です。姪っ子に教えているときに自分も再認識する事ができました。

神社で参拝するときは『住所・氏名』を告げて、『神社までの旅の無事を感謝』し、『これからの自分の目標を宣言』します。まあ、つまり神社って『感謝』を伝える場所なのです。

もちろん、パワースポットであることは間違いありませんし、御朱印もお守りもそのパワーをいただける事には違いありません。

でも、根本は感謝を伝えることで、自分がこの世に生かされていることを再認識する場所でもあるのです。だから、日本人って謙虚でいられるのです。

そういえば大物芸人が言っていた…

そこで思い出したのが、大物芸人がTVで言っていたことです。大物芸人が女芸人たちに語っていたことですが、「おれは実力で上がるから、神頼みはしたことが無い、だから神社にはいかない」という言葉です。

これは神や人に頼らずに実力を磨いていくことを言っているのだと思います。とてもすごい心構えだと思います。でも、ここで言っている神様は、日本の神社にいる神様とは違いますよね。日本の神様は救いませんし、願いも叶えません。

『神頼み』という言葉は昔からあるし、常套句になっています。だから仕方が無いのですが、日本の神様の本質を考えると『神頼み』という事はあり得ないのです。

決して、この大物芸人を批判しているわけではなく、神様の本質、神社の本質が知られていないことが気になっただけです。

神様は800万

姪っ子に神様の話をしていると「神様ってそんなにたくさんいるの?」と尋ねてきたので「800万はいるね!だから何かしらの神様は常に見ているよ」と言ったら驚いていました。※これが道徳につながる。

日本の神様は八百万の神々と言われますが、八百万とは『非常にたくさん』という意味です。そして、僕も神、妻も神、姪っ子も神、草も木も、猫も獣も、太陽も月も、地球も火星も、火も水もみんな神様なんですよね。

だから「いただきます」

日本には「いただきます」という世界で最も高潔な言葉がありますが、これぞ全ての思いを集約した言葉だと思います。

「アマツチノメグミイタダキマス」

僕たちが口にするすべてが神であって生きています。牛肉や豚肉はもちろん、キャベツだって大根だってみそ汁の原料の大豆だって麹菌だって生き物です。

人間は生き物を犠牲にしなくては生きていくことができません。絶対にです。そのことをしっかり認識して、命を「いただきます」ということになるのです。

だから、日本にはヴィーガンや菜食主義の人が少ないのだと思います。日本人の根底には、すべてが命という認識があるからなのでしょう。肉も野菜も命なのです。

そりゃ、クジラやイルカの問題が解決するわけがありません。日本人と根本的な命の概念が違いますから。

御朱印ブームだからこそ

姪っ子と東国三社を巡って、それぞれで御朱印をいただきました。今は、ブームだからなのか、御朱印の列は途切れません。

成田山新勝寺で働いている友人の話だと、寺社仏閣の御朱印の収入はバカにならないのだとか。

御朱印が目当てであっても神社やお寺に行くことはとてもいいことだと思います。日本をもっと深く意識するようになりますし、やっぱりパワーもいただけます。

初めは御朱印が目的だったのに、神社に深い興味がわき、日本古代史を深く研究してブログで公開している人も多く見かけます。

日本の古き良き文化や思想が薄くなっていると言われますが、案外復活するのではないかと思っています。何気にインターネットのおかげで。

戦争に負けて、日本人が日本に誇りを持たないようにする政策を実施させられてきました。今現在も。

きっかけは気軽な御朱印集めでいいから、多くの日本人が日本の本当の姿を知って、もっともっと日本に誇りを持ってくれるといいなぁと思います。

・・・とまあ、姪っ子との東国三社巡りでイロイロと考えることができました。

・・・え!考えすぎ?

おわり

★ご訪問頂きありがとうございます★
↓↓↓クリック頂けるとありがたいッス

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村

 

『賞状』の通信講座をお考えの方へ

筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べて選択して下さい。

>>>賞状講座について

ご質問大歓迎

美文字の事・実用書道の事・筆耕のお仕事の事など、コメント欄へのご質問大歓迎!初歩的な事からハイレベルな事まで、僕の分かる範囲でお答えします。

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください