書家・書道家・書法家の違いって何?俺も名乗りたいのだけど…。

今は筆耕士という肩書を名乗っていますが、筆耕という仕事をする人の印象が強くて、書道との結びつきが弱いように感じます。そこで、書家や書道家を名乗りたいのですが、名乗ってもいいのかなぁ…。

書家・書道家・書法家の違い

そもそも、書家・書道家・書法家の違いって何でしょうか?気になったのでウィキペディアで調べてみました。

書家

書に対しての高度な技術と教養を持った専門家。古典が根本にあり内面的な美意識を最も重要視する。

書道家

書家の別の呼び名だが、書家よりも広い活動範囲で行われている。歴史的な書法への厳しさを無視してもよい。手軽に楽しめる利点がある。

書法家

中国や台湾での呼び名。

書家と書道家では、書道家という呼び名の方が範囲が広いので気軽に名乗れそうですね。そういえばデザイン書道家とかデジタル書道家と名乗っているパフォーマーをよく見かけます。

名乗りたい…

筆耕士だけでなく「書家や書道家と名乗りたい…。」これから自分の活動範囲を広げるにあたりそう思っています。でも、畏れ多い気もします。

本来、書家や書道家は自分の書風を確立しているようなすごい先生が名乗るものだと思っていました。でも、結構あちこちで書家や書道家を名乗っている人を見かけます。

名乗ったもの勝ちなのでしょうか?

自分で核心が持てればいいのでしょうかね。僕はビビりなのでその勇気がありません。名乗ってしまって自分にいい意味でプレッシャーをかけるという考え方もありますが。

とりあえず『書家』を名乗るのはやめておこう…。
では『書道家』と名乗るのか…。

何かないかな…

と言っても『書道家』と名乗るのも畏れ多いです。

…何かないかな…

『○○書道家』のように、勝手に作ったらどうだろう?

ということでいろいろと考えてみました。

  • 実用書道家
  • 書写書道家
  • 商業書道家
  • 美文字書道家
  • モテ文字書道家
  • イケメン書道家(←バカ)
  • 愛猫書道家
  • あなたの書道家
  • ロックな書道家
  • ハイトーンボイス書道家
  • 魁!書道家
  • 世紀末救世主伝説書道家
  • ・・・
  • ・・・
  • ・・・

ああっ俺は何てビビりでバカなんだ!
もうこうなったら思い切って『書道家』を名乗ろう!

そして書道家の名に恥じないように毎日猛特訓しよう。

おわり

6件のコメント

    1. >Tomokoさん

      ありがとうございます。
      ビジネス書道家、いいですね。企業でセミナー開いた時にぴったり!

  1. はじめまして とある書道専門学校に通って実用の「生活の書科」を選択しております。今年度末に学校で定めた揮毫士試験を受ける予定の者です。『揮毫士』や『筆耕士』より「○○書家」の方がわかりやすいですね・・・ 

    作風の確立をしていなくても書道家や書家は名乗っていいと思っておりますσ(^^
    スピリットを持って取り組んでいれば!

    上の方が言う「ビジネス書道家」は分かりやすい!! 現代っぽいです!

    1. >beniさん

      ありがとうございます。
      『ビジネス書道家』人気ですね。
      確かに分かり易いです!

  2. 江守賢治 著 「字と書の歴史」 より引用すると

    現在、書家といっているのは、書を職業としている人で、いわば書のプロです。書家ということばの意味を
    1,書を教えたり、書の作品を売ったりして、それで生活している人
    2,書の展覧会に出品する人
    3,書のうまい人
    などと、書き並べてみますと、やはり1が書家の定義のように思えます。いわゆるプロです。2については、書家であっても展覧会に出品しない人もおれば、主婦でも学生でも出品する人もいるからです。3については、書のうまい人必ずしも書家でなく、書家必ずしもりっぱな字を書くとは限っていません。3の人は書家といわずに、能書家(書をよくする人)といったほうがよいと思います。空海は僧侶であって、書家ではありません。たまたま書をよくした人です。藤原行成や欧陽詢・顔真卿などはすべて役人でした。役人であって書をよくし、詩をよくした人でした。

    とありますので、一級賞状技法士、毛筆・硬筆書写技能検定最高位1級合格者ともなれば、まさしく書に対して高度な技術と教養を持った専門家であり、書家と名乗っていいと思います。

    1. コメントありがとうございます。

      江守先生は僕の先生の先生ということもあって、僕も大好きな先生です。

      仰る通りですね。

      僕は自分の書く文字で収入を得ているので、『書道家』なのだと思います。一応、最近は自分のを紹介するときに分かりやすいように『書道家』と名乗るようにしています。

      僕の弱点は『自分の価値を低く見ている』事にあります。どうしても『書道家を名乗るなんておこがましい』と思ってしまうのです。これからは腹をくくって、もっと堂々と『書道家』を名乗ろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください