邪馬台国は畿内説or九州説?そもそもそんな国は無い!

邪馬台国は女王卑弥呼が治めたと言われる古代国家。大陸の古代史『三国志』の中の魏志倭人伝の中に登場していた。ということになっていますが、『邪馬台国』なんて記述はどこにもありません。

以前、当ブログで同じテーマを扱いましたが、今回は若干角度を変えてみていきます。
邪馬台国(やまたいこく)なんて国は無い!

邪馬台国という記述

魏志倭人伝に登場するある日本の国は「あっちに〇里進んで、こっちの方向に船を進めて、こっちに〇里・・・」と場所の解説がしてあります。

また、遺跡の出土品も鑑みて「邪馬台国は畿内だ!」「邪馬台国は九州だ!」と論争になっています。大昔から。

しかし、そもそもこの論争も空しく、魏志倭人伝には『邪馬台国』なんて記述は一切ありません。そこに書かれている国は

邪馬壹国です。

僕には邪馬台国とは読めません。たぶん書道をやっている方、旧字体や書写体を勉強されている方ならお気づきでしょう。

邪馬ですよね。

実は、『邪馬壹国』が『邪馬台国』ではないことはかなり前から知られていました。しかし、学校の教科書は修正しません。なぜでしょうか?

邪馬壹国いう呼び名

『邪馬壹国』が『邪馬台国』になってしまったのは、江戸中期の学者である新井白石が読み間違えたのが始まりと言われています。※諸説あり

一般人が原本なんて見れないので、ツッコム人は誰もいません。一度『邪馬台国』と広がってしまい強固に定着してしまったのですね。

ちなみに『台』の旧字は『臺』です。

ヤマイチ国という事?

現代の文字で『邪馬壱国』書くということは『ヤマイチ国』と読むのでしょうか?漢字を見ればそう思いますが、これも違います。

『壹』は『ト』もしくは『トウ』と呼んだと考えられます。『豆』と同じです。現在の中国では『イー』と読みますが、漢字って本来は旁などのパーツと同じ読み方をするのが普通です。

ということは、『邪馬壹国』は『ヤマト国』と読むと考えられます。これはかなり信ぴょう性が高いでしょう。

この頃の日本では漢字は伝わっておらず、日本に来た魏人が音に合わせた漢字を適当に当てはめただけです。だから『卑弥呼』なんて当て字になります。すごく失礼な漢字ですよね。

※卑弥呼と天照大神を同一とする説がありますが、僕は全く別人だと思っています。それはまた後日記事にします。

畿内説or九州説

ついでに『畿内説or九州説』も解決しましょう。

ズバリ!畿内説も九州説も正解です。

実は、畿内にも九州にも『ヤマト国』がありました。もともとは同族かもわかりませんが、古代日本に『ヤマト国』が2つ、もしかしたらもっとあったのです。

面白いエピソードがあって、
大陸が唐の国だった時に書かれた歴史書に『昔、倭国から使者が2人来たんだけど、「我が国が本当のヤマト」だと言ってケンカを始めた。』と書かれているのです。

ケンカされても困っちゃうよね。

邪馬台国と陰謀論

『邪馬台国』は間違いであって『ヤマト国』が本来の読み方であることは歴史学者であればわかっているはずです。しかし、教科書では『邪馬台国』から修正しません。

また、先述の唐の国の歴史書は日本の学者間では偽書とされています。他国の歴史書に失礼な!

何故、そんな事が起こるかというと、某派歴史学者の陰謀と言われています。教科書から聖徳太子の名前を消されたのも某派歴史学者の陰謀ですが、都合が悪いことがあるのです。※某派歴史学者の後ろには外国の影が…。

日本は天皇を中心に大和王権が確立され、現在まで継続しています。『邪馬台国』が『ヤマト国』であれば、当然『大和王権』とのつながりも考えられます。

そうなると、これまで想定していたより遥か昔から日本という国家は成立していたということになります。※日本人としては誇らしいですが、そう感じない不思議な日本人もいるのです。

しかし、これでは縄文時代は原始人のような生活をして、弥生時代は朝鮮半島から全て教えてもらったとしたい某派歴史学者にとっては都合のいいことではありません。

だから、『ヤマト』であってはいけないのです。

ちなみに、日本では縄文時代から水田がありましたが、いまだ弥生時代に稲作が伝来した事になっています。

とまあ、これは陰謀論なので都市伝説だと思ってください。

信じるか信じないかはあなた次第!

おわり

★ご訪問頂きありがとうございます★
↓良かったらポチっとお願いします↓

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村

 

『賞状』の通信講座をお考えの方へ

筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べて選択して下さい。


>>>賞状講座について

ご質問大歓迎

美文字の事・実用書道の事・筆耕のお仕事の事など、コメント欄へのご質問大歓迎!初歩的な事からハイレベルな事まで、僕の分かる範囲でお答えします。

2件のコメント

  • 深作

    信憑性は一切考えないとしたら遷都説(神武東征説)が好きです!

    • 清水克信

      >深作さん
      ありがとうございます。
      何故イワレヒコは危険を冒してまで東征したのか?
      なぜ紀伊半島を迂回したのか?
      いろいろと考えるとわくわくしますね♪

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください