お茶の品評会の賞状~賞状見本18_29

お茶の品評会で部門別に特等を受賞した賞状。特等の位置や部門をどこに配置するか?会社名や役職名は?受賞者部分に工夫が必要な賞状です。

お茶の品評会の賞状~賞状見本18_29

お茶の品評会の賞状~賞状見本18_29

文字の大きさ:表題>名前・順位>贈者>主文>その他
※賞状の内容は架空です。

品評会やコンテストの賞状としては比較的オーソドックスなレイアウトとなります。

やや難しいのが受賞者の部分で、文字の大きさや配置に注意が必要になります。

具体的には、特等の下に部門が入りますが、文字の大きさは小さくします。会社名の書き出しと役職名の書き出し位置にも注意が必要です。

主文はいたってオーソドックスな内容です。もし、品評会やコンテストの主文の内容に迷くことがあったら、この賞状の主文をひな型に考えると良いと思います。

主文は深く考えだすとキリがないので、迷ったらシンプルに戻すことをお勧めします。

>>>手書き賞状のご注文から納品まではこちら

『賞状』の通信講座をお考えの方へ

筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べて選択して下さい。


>>>賞状講座について

 

ご質問大歓迎

美文字の事・実用書道の事・筆耕のお仕事の事など、コメント欄へのご質問大歓迎!初歩的な事からハイレベルな事まで、僕の分かる範囲でお答えします。

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください