ビル新築工事で設計事務所に贈る感謝状~賞状見本18_30

ビル新築工事の設計監理に対して設計事務所に贈られる感謝状。法人から法人へ贈られる感謝状って、実はとても多いです。

ビル新築工事で設計事務所に贈る感謝状~賞状見本18_30

ビル新築工事で設計事務所に贈る感謝状~賞状見本18_30

文字の大きさ:表題>名前・順位>贈者>主文>その他
※賞状の内容は架空です。

今回は当社本社ビル新築工事の設計・管理の任に対して設計事務所に贈られた感謝状です。

実は法人間の感謝状のやり取りは頻繁にあります。

特に多いのが施工元から下請け企業へ贈られる感謝状です。この場合は受者は『会社名+役職+社長名』となることが多く、贈者も同様に『会社名+役職+社長名』が多いです。

主文の内容は内容に関することが結構詳細に書かれていることが多く、文字数も多くなる傾向があります。

やっぱり、たくさんの感謝状のやり取りがある中で、何の感謝状なのか?ハッキリわかるようにしておきたいということでしょう。

『○○の建築』『○○の任』『どのような仕事ぶり』『どのような結果』

これらがはっきりと書いてあります。

>>>手書き賞状全文筆耕について

『賞状』の通信講座をお考えの方へ

筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べて選択して下さい。


>>>賞状講座について

 

ご質問大歓迎

美文字の事・実用書道の事・筆耕のお仕事の事など、コメント欄へのご質問大歓迎!初歩的な事からハイレベルな事まで、僕の分かる範囲でお答えします。

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください