【縦書き賞状】英語(アルファベット)が入った場合の書き方

縦書き賞状は日本語で書く場合は全く問題ありません。しかし、本来横書きで書くべき『英語(アルファベット)』が入る場合、工夫が必要になります。ここでは、実際に縦書き賞状にアルファベットが入った場合の書き方をご紹介します。

賞状本文中にアルファベット

毎年頂いている賞状のご依頼で某市の専用縦書き用紙に書いていきます。毎年内容は同じで、日付だけ変わります。

この賞状はコンテストの名前が入るのですが、アルファベットです。ご依頼主と相談の上で、下の流れのようにしました。

縦書き賞状は左から右に向かって書きます

縦書き賞状は文章の逆方向、左から右に向かって書きます

縦書き賞状の場合、アルファベットは用紙を横にして書きます

縦書き賞状の場合、アルファベットは用紙を横にして横書きで書きます

縦書き賞状の場合、日本語は縦書き、英語は横書きって事です

縦書き賞状の場合は、日本語は縦書き、英語は横書きって事です

縦書き賞状に英語(アルファベット)が入った場合、汚れないように注意します

縦書き賞状に英語(アルファベット)が入った場合、汚れないように注意が必要です

縦書き賞状にアルファベットを書く場合、特に決まりはありません。下書きの段階で、縦に書いたバージョン横に倒して書いたバージョンを作り、ご依頼主に選択していただきました。

卒業証書は珍しくない

最近は日本も国際色豊かになっています。小中学校も例外ではなく、卒業証書名前入れのご依頼で、アルファベットを書く機会が増えています。

下記は見本です。実際にあった名前ではありません。

縦書き賞状でアルファベットをそのまま書いた場合

縦書き賞状でアルファベットをそのまま書いた場合

縦書き賞状でアルファベットを横倒しにして書いた場合

縦書き賞状でアルファベットを横倒しにして書いた場合

卒業証書の名前入れでも、本文に入ったアルファベットと同じように縦にそのまま書く場合横に倒して書く場合とありました。

やはりこれらもご依頼主の意向に沿います。

縦書き賞状にアルファベットで書く方法は、縦書きと横倒しの書き方と二通りになるでしょう。これらはどちらが正解とかはありません。

前提としてはご依頼主の意向となります。その上で文字数と書くスペースを考慮して、ベストの方法を選択して下さい。

おわり

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べてみてください。

がくぶん賞状書士講座の資料請求

ユーキャンの賞状書法講座の資料請求

たのまな賞状技法士講座の資料請求

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付 速習実用筆ペン講座(添削無) ※6回の学習サポートメール付 無料資料請求

書写検定対策オリジナル教材


平成29年に硬筆書写検定1級、平成30年に毛筆書写検定1級にそれぞれ合格できました。試験対策しているときに思ったのが『こんな教材があったらいいのに…』です。そこで、自分の経験を踏まえオリジナル教材を作っています。是非ご活用ください。

書写技能検定テキスト&攻略法

2件のコメント

  • ありちゃん

    教えていただき、ありがとうございました(o^^o)

    • 清水克信

      参考になれば幸いです♪

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください