『令和元年』綺麗な書き方とコツ|新元号を美文字で書こう

天皇陛下のご譲位に伴い5月より改元となります。平成31年⇒令和元年。せっかくなので新元号も美文字で書きたいですよね。ここでは『令和元年』の書き方とコツをご紹介します。

『令和元年』の作例

『令和元年』綺麗な書き方とコツ

『令和元年』綺麗な書き方とコツ

朱墨を使って毛筆で書いてみました。毛筆ではありますが、字形の整え方はペン字も同じです。

毛筆のポイント

毛筆としてのポイントは太細です。筆は太さに変化をつけることができるので、その特徴を生かさない手はありません。

毛筆の技術は細かく挙げればきりがありませんが、太細を意識するだけで、文字はだいぶ変わります。毛筆の解説はこんなところで…。

それでは、字形の整え方を中心に解説していきます。

『令和元年』各文字の解説

『令』の書き方
『令』の書き方とコツ

『令』の書き方とコツ

『人やね』はしっかり長さを出して存在感を主張します。また、『人』の形になるように1画目の起筆の部分を若干出すのもポイントです。

中心線を意識する事が大切で、人やねの交わる場所が中心に来るようにします。最終画の縦画は中心より若干左の方がバランスが取れます。

『令』のバリエーション4種類

『令』のバリエーション4種類

『令』は様々なバリエーションがあります。『令和』発表の際に政府の方でも、「どれでも良い」と言っていました。自分が書きやすい『令』で書きましょう。

『和』の書き方
『和』の書き方とコツ

『和』の書き方とコツ

和は『禾』と『口』の関係性がポイントです。『禾』は縦長、『口』は四角なので、図のように『口』の上下はスペースが空きます。

『禾』は2画目を主画として、左に突き出します。偏なので、右端は揃えるようにします。

『元』の書き方
『元』の書き方とコツ

『元』の書き方とコツ

1画目は反り、2画目はほぼまっすぐに書きます。数字の『二』の場合は2画目の反りますが、下にパーツが来るので、ほぼまっすぐが良いでしょう。

4画目は真下に降りた後、90度コーナーを曲がって右にまっすぐ向かいます。そして、最後に真上に向かいます。このコース取りが重要です。

『年』の書き方
『年』の書き方とコツ

『年』の書き方とコツ

年の横画は『上に反る』『真っ直ぐ』『下に反る』となります。これは数字の『三』の書き方と同様です。

最終画の縦画が中心よりも若干右側になるのもポイントです。どこまで右に寄せるかは、経験で覚えます。

まとめ

『令和元年』をそれぞれ個別に解説してみました。あまり、難しく考える必要はありません。ポイントだけ知っていれば、徐々に上手に書けるようになります。

 

・・・とまあ、いろいろ書きましたが、実は最も難しくて、最も重要なことは、縦画をまっすぐに書くことです。

これってなかなか難しいことです。毎日書く僕でも、縦画は慎重になります。

縦画をまっすぐに書くコツは正直に生きることです・・・。ウソです。

おわり

書写検定対策オリジナル教材


平成29年に硬筆書写検定1級、平成30年に毛筆書写検定1級にそれぞれ合格できました。試験対策しているときに思ったのが『こんな教材があったらいいのに…』です。そこで、自分の経験を踏まえオリジナル教材を作っています。是非ご活用ください。

書写技能検定テキスト&攻略法

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付『速習実用筆ペン講座』無料資料請求

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べて選択して下さい。

>>>賞状講座について

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください