夏場は注意!筆耕の仕事で使う墨汁は『三歌仙』で墨は『紅花墨』

賞状や宛名書きのように細字の筆耕では、小さな硯で事足ります。墨は少なくて良いので、水を固形墨で磨っても良いのですが、さすがに仕事でドンドン書くと墨もドンドン消費するので、墨汁を使っています。

筆耕の仕事で使う墨汁は『三歌仙』

筆耕の仕事で使う墨汁は『三歌仙』

筆耕愛用の墨汁は『三歌仙』小さくて十分なのです。

筆耕愛用の墨汁は『三歌仙』小さくて十分なのです。

硯には少量の墨汁を出します。たくさん出す必要はありません。

硯には少量の墨汁を出します。たくさん出す必要はありません。

これまで色々な墨汁を試しましたが、落ち着いたのが墨運堂の『三歌仙』です。お値段は他の墨汁と比べると高めですが、色合いも書き心地もワンランク上に感じます。

ちなみに『三歌仙』は3種類あって、僕が使っているのは「賞状・目録用」です。賞状も宛名書きも濃い黒で書く事が良いとされているので、ピッタリな色合いです。

僕の場合、月に1~2本のペースで消費するので、通販でお得にまとめ買いしています。


墨運堂 三歌仙 写経・芳名録用 50ml

夏場は墨汁の水分調節に注意!

夏場は墨汁の水分調節に注意!

墨汁の水分補給に墨を併用します。

墨汁の水分補給に墨を併用します。

夏場は墨汁の水分がすぐに飛んでしまいます。1時間も経てばドロドロになってきてしまうので、水を足して固形墨で色合いを調節します。本当は墨汁と固形墨の併用って良くないのですが、仕方無いと諦めています。

固形墨は定番の『紅花墨』を使っています。僕は古梅園の5つ○を使っていますが、これは何となくです。『紅花墨』は色々なメーカーから出ていますが、古梅園の5つ○は最も最上なので、使っていて気分が良いだけです(^_^;)
高いけどね…。

硯について、細字なので硯はもっと小さくても良いのですが、墨を磨る時は大きい方がやりやすいので、画像のサイズの硯を使っています。いずれ硯についてもご紹介しますね。

おわり

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べてみてください。

がくぶん賞状書士講座の資料請求

ユーキャンの賞状書法講座の資料請求

たのまな賞状技法士講座の資料請求

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付『速習実用筆ペン講座』無料資料請求

書写検定対策オリジナル教材


平成29年に硬筆書写検定1級、平成30年に毛筆書写検定1級にそれぞれ合格できました。試験対策しているときに思ったのが『こんな教材があったらいいのに…』です。そこで、自分の経験を踏まえオリジナル教材を作っています。是非ご活用ください。

書写技能検定テキスト&攻略法

2件のコメント

  • 藤枝 俊昭

    いつも楽しく見させていただいております。
    硯について詳しく教えていただくのを楽しみにしています。

    • 清水克信

      >藤枝 俊昭さん

      ありがとうございます。
      筆耕で使っている硯について、今度記事にしますね。

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください