結婚式招待状の宛名書きをご自身で書かれる人のために、筆耕コム(筆耕.com)筆耕士の清水克信が実際に行っている作業風景をご紹介します。宛名書きの流れが参考になると思います。

結婚式招待状【宛名書き】の書き方記事一覧

当サイトで最も多いご依頼が「結婚式の招待状の宛名書き」です。(現在お休み中)実際にどのようにして仕上げているのか順を追って公開します。ご自身で宛名を書く予定の人は参考にしてください。リストのチェックお客様から名簿のリストを頂いたら、簡単なチェックをしています。※リストは「メール添付」か「直接(郵送・宅配)」送っていただいています。チェック項目※写真の住所氏名は架空です。旧字体・特殊文字住所が2行書...

リストの確認を行い、レイアウトの下敷きを作ったら、実際に毛筆での揮毫です。トレーサー(ライトテーブル)を利用してレイアウトを透かして書いていきます。※揮毫とは書くことです。揮毫〜筆入れの作業〜宛名書きをはじめ、筆耕の業務で最も重要な揮毫。トレーサーを利用して雛形に封筒を乗せ、毛筆で1枚1枚丁寧に書き上げていきます。通常は墨や墨汁で書きますが、和紙等の墨が滲みやすい紙、光沢紙等の墨を弾いてしまう紙な...

結婚式招待状の宛名をご自身で書こうと考えている方へ、横書き封筒の宛名書きの配置をご紹介します。実際に【筆耕コム】で実践している配置レイアウトです。参考にしてください。名前の配置センター確保封筒の宛名書きで最も重要なパーツが【名前】です。名前の配置の大基本は、中心に合わせる事です。封筒の上下から中心となり、左右からも中心、もしくは中心よりやや右側になります。字体は太く大きく書く事が重要です。少なくと...

結婚式の招待状の宛名書きをご自身で書く場合、筆記具、文字の大きさ、レイアウトなど、コツや注意点をご紹介します。筆記具毛筆筆ペン万年筆サインペンボールペン宛名書きの筆記具で思いつくのは上記ではないでしょうか。結婚式の招待状と言う事で考えた場合、まず、サインペンとボールペンは避けた方が良いでしょう。毛筆は、道具をそろえたり、技術的にも難易度が高いので、書道経験者以外の方は難易度が高いでしょう。※筆耕コ...

トップへ戻る