招待状の宛名書きを「自分で書く時のワンポイントアドバイス」

招待状の宛名書きを「自分で書く時のワンポイントアドバイス」

結婚式の招待状の宛名書きをご自身で書く場合、筆記具、文字の大きさ、レイアウトなど、コツや注意点をご紹介します。

 

招待状の宛名書きを「自分で書く時のワンポイントアドバイス」

 

筆記具

  • 毛筆
  • 筆ペン
  • 万年筆
  • サインペン
  • ボールペン

 

宛名書きの筆記具で思いつくのは上記ではないでしょうか。結婚式の招待状と言う事で考えた場合、まず、サインペンとボールペンは避けた方が良いでしょう。

 

毛筆は、道具をそろえたり、技術的にも難易度が高いので、書道経験者以外の方は難易度が高いでしょう。※筆耕コムをはじめ、筆耕のプロは毛筆で宛名書きを書いています。

 

招待状の宛名書きなので、やはり筆ペンと万年筆あたりが良いと思います。しかし、万年筆は注意が必要です。使う人によって美文字と汚文字の振り幅が広いので、字形が悪いとチープに見えてしまいます。

 

こうして考えていくと、筆ペンが最もふさわしいと思います。太さも出るし、迫力が出ます。そして何よりも筆文字です。初めのうちは使いづらいと感じるかもしれませんが、是非挑戦してみてください。

 

文字の大きさ

 

個人宛ての場合
  • 名前>連名>住所>郵便番号

 

法人宛ての場合
  • 名前>連名>会社名>部署名>住所>郵便番号>役職

 

以上のように、個人宛て・法人宛て共に宛名の名前が最も大きくなります。この文字の大きさをキチンと差別する事で、メリハリのある美しい宛名になります。

 

レイアウト

 

実は、宛名書きで最も重要と言えるのがレイアウトです。いくら個々の文字が綺麗でも、真っ直ぐ書けていないと美しい宛名にはなりません。レイアウトには最も注意して書いてください。

 

参照 ⇒ 宛名の配置・レイアウト

 

手書きの価値

 

昨今、結婚式の招待状も印刷で済ます事が増えています。そもそもは、結婚式のような格式高いイベントの場合、宛名書きも格式高くする必要があり、毛筆で書くというのが当然でした。

 

丁寧に手書きで書かれた宛名には心が宿ります。その心は、受け取った人に伝わる事でしょう。手書きの価値は印刷とは比べ物にならないのです。

 

是非、価値の高い手書きの宛名に挑戦してみて下さい。

トップへ戻る