筆耕コムでは、賞状技法の基本的なルールに則って賞状を揮毫しています。基本的な賞状のパーツの並べ方をご紹介します。賞状全文筆耕をご依頼になるときの参考にしてください。

 

賞状のパーツの配置

 

賞状筆耕見本

 

【表題】 表彰状・賞状・感謝状が入ります。個性的な表題として祝還暦・結婚祝いなど。
【受者】 賞状を受け取る人の名前が入ります。敬称(殿・様)が入りますが、証書などでは敬称が付かない事が一般的です。会社名や所属名は名前の右上に入ります。連名が入る事もあります。
【主文】 賞状の本文が入ります。賞状は句読点は付きません。「」は使われます。原則として段落は2つです。3〜4つの文章でも2つの段落にします。ただし、段落の頭の文字は下げたりしません。
【日付】 賞状を授与する日付
【贈者】 賞状を贈る人の名前が入ります。会社名や所属名は名前の右上に、役職名は名前の上に入ります。
【印】 社印や社長印等の落款を押します。ゴム印でも良いので、個人的な賞状でも落款があると締まります。⇒落款印の位置

 

主文のコツ

 

主文はできるだけ1文を長くした方が見栄えが良くなります。つまり文章の途切れをできるだけ少なくした方が良いという事です。主文の中で1文〜3文でまとめると見栄えが良くなります。

トップへ戻る