毛筆・硬筆書写検定に必要な書籍

書写検定に必要な書籍
書道唯一の公的資格である文部科学省後援毛筆・硬筆書写検定は、技能と理論が出題されます。技能は練習するしかありませんが、理論は努力次第で何とかなるので、しっかり勉強したいところです。しかし、莫大な範囲を勉強するのも大変です。可能な限り、短期間で効率的に勉強できる本をご紹介します。※準2級は2級、準1級は1級の書籍で対応

毛筆書写検定

毛筆書写検定ガイド

・必要度・・・★★★★★
毛筆書写検定を受ける人は絶対に持っておいた方が良い、実技を中心に解説されたガイドブックです。合格のポイントと基準が解説されていて、先生方の模範解答がたくさん掲載されています。どのように書けば良いのか、どんな技術を習得するべきかの方向性が明確になります。※過去問の掲載はありません。


毛筆書写検定の手引きと問題集

・必要度・・・★★★★★
毛筆書写検定はどのような知識と技術が必要で、どのような形式で試験が行われるか等の解説と、【1・準1・2・3・4・5級】の過去3年分の問題が掲載されています。毛筆の過去問はこれしかないので必須です。※公式サイトで購入が可能ですが、一般書店ではほぼ手に入りません。

⇒ 書写検定公式サイトへ


毛筆書写検定の臨書

・必要度・・・★★★★☆
書写検定で必要な古典と臨書例が満載の1冊。書写検定の臨書問題は『楷書・行書・草書・隷書・かな』から出題されるので、一通り勉強する必要があります。しかし、実際には範囲が膨大中村ので間に合うわけがありません。そこでポイントを絞って臨書の勉強ができるのが毛筆書写検定の臨書です。特に試験まで1~2か月しかない場合は、とにかく『毛筆書写検定の臨書』をやりまくりましょう。


これだけは学びたい書の古典全3巻セット

・必要度・・・★★★☆☆
書写検定の臨書問題は楷書・行書・草書・隷書の古典から出題されますが、それはとてつもなく膨大な範囲です。短期間で対応するためには「浅く広く」練習するしかありません。そこで最適なのが『これだけは学びたい書の古典全3巻セット』です。『1巻:楷書』『2巻:行書・草書』『3巻:篆書・隷書』となっていて『毛筆書写検定の臨書』よりさらに深く対策することができるとお考え下さい。※古典の名前や作者名や歴史など、理論問題対策にもなります。


墨場必携

・必要度・・・★★★★☆
準1級・1級の実技の題1問『楷・行・草』と、1級の第5問『創作』の漢詩はだいたい『墨場必携』から出題されています。しかも試験時期の季節に関連した詩、自然に関連した詩の出題が多いようです。『墨場必携』はたくさん出版されていますが、僕が持っているのはコレです。※上巻だけで十分です。