綺麗な書き方とコツ|偏基本ルールとコツ

初心者の人がきれいな字を書きたいと思った場合、たくさん練習する事は良い事ですが、何も考えずに漠然と練習しても効率が良いとは言えません。きれいな字には基本ルールや法則があるので、それらを知った上で練習すると上達速度は加速します。

基本ルールや法則は幾つかありますが、今回は【偏】についてご紹介します。以前にも【偏】の書き方を書いたのですが、今回もう一度、もうちょっと深くご紹介します。

単独の文字が偏になった時の基本ルールとコツ
  • 基本ルールは右側を揃える
  • コツは1画強調する線を作りる
女が偏になった時・・・好・妃

女が偏になった時・・・好・妃

木が偏になった時・・・林・松

木が偏になった時・・・林・松

火が偏になった時・・・灯・炊

火が偏になった時・・・灯・炊

青が偏になった時・・・静

青が偏になった時・・・静

言が偏になった時・・・誠・詩

言が偏になった時・・・誠・詩

偏になった時に右側を揃えると言う事は、横画がある場合は短くします。林のように右はらいは止めてしまいます。※ちなみに『木』の縦画はハネてもはねなくてもOK。

偏のコツは1画強調する線を作る事です。強調する画が2画になるとバランスが崩れます。どの画を強調するかは書く人によって変わってくると思うので、色々と試してみてください。

こんな感じで、字の書き方の基本ルールやコツを知ると、それだけで字は変わってきます。よく「大人になってからでは美文字は書けない」と聞きますが、そんな事は無く、むしろ理論をスムーズに理解できる大人の方が上達は早いと思います。

お試しください♪

書写検定対策オリジナル教材


平成29年に硬筆書写検定1級、平成30年に毛筆書写検定1級にそれぞれ合格できました。試験対策しているときに思ったのが『こんな教材があったらいいのに…』です。そこで、自分の経験を踏まえオリジナル教材を作っています。是非ご活用ください。

書写技能検定テキスト&攻略法

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付『速習実用筆ペン講座』無料資料請求

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べて選択して下さい。

>>>賞状講座について

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください