田|綺麗な書き方とコツ

きれいな字の書き方として、『田』をご紹介します。コメントでも頂いたのですが、『田』って簡単そうで難しい気がします。皆さんはどうでしょうか?

『田』のきれいな書き方

『田』のきれいな書き方

『田』は、縦画がやや内側に向かう事と、上下の間隔、左右の間隔を均等にとります。全体の形としては背勢と向勢どちらで書いても構わないと思います。

背勢は図の上、向かい合う縦画が反るように書く。
向勢は図の下、向かい合う縦画が膨らみを持つように書く。

その他の『田』の書き方

その他の『田』の書き方

図の上みたいな筆の入りも見かけます。下は1画目の逆筆を強調してみました。2画目をしっかりと突き出してあげるのもポイントですね。

『田』を書いているうちに何だかよくわからなくなってきました。やっぱり『田』は、簡単なようで難しい文字だと思います。

きれいな字って、『いい塩梅』が重要だと思います。縦画を内側に入れたり、横画を右上がりにしたり、かっこよく書く為の要素ですが、やりすぎは禁物です。

これらは「やや右上がり」「やや内側」で書く事がコツで、やっぱり何事も『いい塩梅』が重要なのです。

おわり

書写検定対策オリジナル教材


平成29年に硬筆書写検定1級、平成30年に毛筆書写検定1級にそれぞれ合格できました。試験対策しているときに思ったのが『こんな教材があったらいいのに…』です。そこで、自分の経験を踏まえオリジナル教材を作っています。是非ご活用ください。

書写技能検定テキスト&攻略法

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付『速習実用筆ペン講座』無料資料請求

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べて選択して下さい。

>>>賞状講座について

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください