文・方・市(なべぶた・けいさんかんむり)|綺麗な書き方とコツ

きれいな字の書き方として、なべぶた(けいさんかんむり)の書き方をご紹介します。分かりやすく「文・方・市」を例に挙げてみます。

『文』の綺麗な書き方
『文』の綺麗な書き方
『方』の綺麗な書き方
『方』の綺麗な書き方
『市』の綺麗な書き方
『市』の綺麗な書き方

なべぶたの書き方は、1画目の点は左右中心に気持ち「右から左」に打ち込みます。2画目の横画はやや右上がりに書きます。横画の基本は左右均等ですが、上級者になると敢えて左右の長さを変えて楽しみます♪

『文』の書き方のコツ
『文』の書き方のコツ
『方』の書き方のコツ
『方』の書き方のコツ
『市』の書き方のコツ
『市』の書き方のコツ

『文』は左右の払いの出所がポイントです。左はらいは中心近くから書きだします。『方』は筆順を間違えないようにしましょう。最終画は中心付近から書きだします。『市』はなべぶたがポイントで、2画目は左側を気持ち長めに書きます。4画目の縦画も少し長めで。最終画は真っ直ぐ書くのがポイント。

画数が少ない漢字は少し小さ目に書いたりしますが、その事に気をとられて中心からずれないように注意です。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください