これで十分!筆耕の仕事で使う硯は小さい

筆耕の仕事は賞状や熨斗や式辞が中心なので、筆は小筆です。中筆や大筆は選挙の為書きくらいしか使いません。という事で、普段使う硯は小筆に見合ったサイズとなります。

中・小・極少の硯

中・小・極少の硯

筆耕で使っている硯は上図の真ん中です。
左の極少の硯は持ち運び用です。
右の標準サイズの硯は何年も使っていません。

普段の筆耕の仕事は、墨汁は多く使いません。筆も小筆なので、小さな硯で事足ります。数年前までは左の小さな硯を筆耕の仕事に使っていました。

しかし、小さすぎる硯は墨が磨りづらいという欠点があります。そこで、真ん中の硯を手に入れました。大きすぎず小さすぎず、墨も磨りやすいのでとても気に入っています。※何気に雄勝硯です。


墨運堂 和同硯 小町研 24014 3号

小筆に最適な硯

小筆に最適な硯

中筆にも十分使える硯

中筆にも十分使える硯

 

正直、筆や墨や墨汁ほど硯にはこだわりはありません。どちらかと言えば、機能性重視です。そんな中で、お気に入りの硯を見つけられたことは幸運でした。

でも、いずれは宮城県石巻市の雄勝へ行って、良い硯を買いたいですね~♪筆耕用と言うよりも、趣味の書道の道具として。

おわり

書写検定対策オリジナル教材


平成29年に硬筆書写検定1級、平成30年に毛筆書写検定1級にそれぞれ合格できました。試験対策しているときに思ったのが『こんな教材があったらいいのに…』です。そこで、自分の経験を踏まえオリジナル教材を作っています。是非ご活用ください。

書写技能検定テキスト&攻略法

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付『速習実用筆ペン講座』無料資料請求

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べて選択して下さい。

>>>賞状講座について

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください