木簡を臨書してみた

古典は『浅く広く』と『狭く深く』を両立したいと考えています。『狭く深く』は1つの書風を習得する事で、『浅く広く』は有名な古典を一通り経験することです。

そんな『浅く広く』の一環で木簡を臨書してみました。木簡は初めての経験です。凄く独特な書体という事もあり、書き方はさっぱりわかりません。そこで、今回もユーチューブ動画を参考に書き方を学んでみました。

木簡を臨書してみた01

木簡を臨書してみた01

木簡を臨書してみた02

木簡を臨書してみた02

木簡を臨書してみた03

木簡を臨書してみた03

木簡を臨書してみた04

木簡を臨書してみた04

木簡を臨書してみた05

木簡を臨書してみた05

書きはじめは、文字の大きさやバランスに戸惑いましたが、書いていくうちに徐々に楽しくなってきました。あと、書いていて少し思ったのが、
木簡が上手くなったら隷書が上手くなるかも・・・。
隷書が上手くなったら楷書も上手くなるかも・・・。
楷書が上手くなったら行書も上手くなるかも・・・。

ちょっと繋がりを感じました。

ネットで木簡を検索すると、様々な作品がヒットしますが、羊毛筆と濃墨で書かれた作品が多いんですね。あんな作品が書けたらカッコいいなぁ。

おわり

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べてみてください。

がくぶん賞状書士講座の資料請求

ユーキャンの賞状書法講座の資料請求

たのまな賞状技法士講座の資料請求

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付 速習実用筆ペン講座(添削無) ※6回の学習サポートメール付 無料資料請求

書写検定対策オリジナル教材


平成29年に硬筆書写検定1級、平成30年に毛筆書写検定1級にそれぞれ合格できました。試験対策しているときに思ったのが『こんな教材があったらいいのに…』です。そこで、自分の経験を踏まえオリジナル教材を作っています。是非ご活用ください。

書写技能検定テキスト&攻略法

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください