仁・仏・仕(にんべん)|綺麗な書き方とコツ

2020-01-02

きれいな字の書き方として、にんべんの書き方をご紹介します。分かりやすく「仁・仏・仕」を例に挙げてみます。

 

きれいな字の書き方『仁』にんべん
きれいな字の書き方『仁』にんべん
きれいな字の書き方『仏』にんべん
きれいな字の書き方『仏』にんべん
きれいな字の書き方『仕』にんべん
きれいな字の書き方『仕』にんべん

にんべんは外へ逃げるように書いています。1画目の左はらいは逆筆で書き出し長めに払います。2画目の縦画は左に流れるように書きます。

 

『仕』の書き方のポイント
『仕』の書き方のポイント
『仁』の書き方のポイント
『仁』の書き方のポイント
『仏』の書き方のポイント
『仏』の書き方のポイント

にんべんに限った事ではありませんが、偏と旁の関係って、文字によって異なります。例えば今回の「仁・仏・仕」はにんべんを縦長に、旁は上下のスペースを開けます。※スペースの割合は文字によって異なります。

旁の画数が多い場合は上下の書き出しが同じくらい、もしくは旁の方が上下にはみ出す場合もあります。例えば「俳・健・俵・」などですね。

左右に関しては、にんべんは1/3に収まる程度です。これは大体共通です。

おわり