監修の書籍

清水克信が完全監修した書籍が発売されました。賞状の書き方を基礎から学ぶことができます。また、基本点画や字形の整え方の解説も充実させています。ご興味のある方はお求めになり参考にしてください♪

大・天・火・矢|綺麗な書き方とコツ

2020-01-02

きれいな字の書き方として「大・天・火・矢」をご紹介します。これらは基本的な漢字なので、他の漢字にも応用できます。

きれいな字の書き方~「大・天・火・矢」ビフォアー

「大・天・火・矢」は文字の中に【人】が入っていますが、【人】の書き方にコツがあります。※【人】自体はこのコツに当てはまりません。

『大』の綺麗な書き方
『大』の綺麗な書き方
『天』の綺麗な書き方
『天』の綺麗な書き方
『火』の綺麗な書き方
『火』の綺麗な書き方
『矢』の綺麗な書き方
『矢』の綺麗な書き方

【人】を早めに開いてしまうと、重心が高くなってしまいます。重心を下げる為に、【人】の縦画は一度真下に下してから左に曲げます。

目安は横画と交差し同じだけ進んだら大胆に左に曲げます。「大・天・火・矢」の重心が右下になるように右はらいを強く書きます。

『大』の書き方のコツ
『大』の書き方のコツ
『天』の書き方のコツ
『天』の書き方のコツ
『火』の書き方のコツ
『火』の書き方のコツ
『矢』の書き方のコツ
『矢』の書き方のコツ

「大・天・火・矢」の書き方を知ると、偏や旁で書く場合も応用が効き、書き易くなると思います。お試しください♪

おわり