硬筆・毛筆書写検定2級合格に「ホッ」

先月1月31日に受験した硬筆・毛筆書写検定の2級に合格しました。目標は最高位の1級で、2級から順番に、【2級⇒準1級⇒1級】と受けることにしています。一発目の2級で落ちたら洒落にならないので「ホッ」としています。

DSC_1301

書写検定とは文部省が後援している検定で、毛筆と硬筆があります。無数にある書道団体の級や段はあくまで民間の等級です。しかし、書写検定は公的機関が後援しているので、唯一履歴書の保有資格の欄に書く事ができる検定なのです。

書写検定は、硬筆と毛筆があって、最高位が1級です。検定の内容は実技と理論です。書写検定は書道に対しての幅広い知識が必要となります。出る内容は「楷書・行書・草書・古典臨書・かな臨書・書道史・旧字体・書写体・ハガキ・式次第・賞状」1級合格のためには、これらを網羅している必要があります。

僕が今回受けた2級は、楷書・行書が書ける必要がありますが、草書・旧字体・書写体は読めればOKです。実は、高校生の時に硬筆の2級は受験経験があります。書道の授業の一環で受験したのですが、当時合格者は僕も含め数名でした。良く受かったな~!?。と言う事で、硬筆は2回目の合格です(^_^;)

さて、次のターゲットは【準1級】です。今度は、草書・旧字体・書写体が読めるだけでは無く、書けなくてはいけないので、一気にレベルが上がります。試験日は6月中旬だと思うので、しっかりと勉強して臨みたいと思います。理論で落ちたくは無いですからね。

この硬筆・毛筆書写検定ですが、筆耕に関係があるのかと言うと、直接的には関係ありません。しかし、このような目標がある事で、これまで無知だった草書・旧字体・書写体を知ることになります。勉強のきっかけとしては最高なんです♪

でも、一番の目的は1級取得時にもらえる看板です。どうしても欲し~い!そしてHPやブログに画像を貼りまくって、自己満足に浸るのです\(◎o◎)/!

おわり

書写検定対策オリジナル教材


平成29年に硬筆書写検定1級、平成30年に毛筆書写検定1級にそれぞれ合格できました。試験対策しているときに思ったのが『こんな教材があったらいいのに…』です。そこで、自分の経験を踏まえオリジナル教材を作っています。是非ご活用ください。

書写技能検定テキスト&攻略法

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付『速習実用筆ペン講座』無料資料請求

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べて選択して下さい。

>>>賞状講座について

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください