書道の歴史のお勉強~書写検定準1級対策

書写検定の2級・準1級・1級は書道史の問題が出題されます。旧字体、書写体、草書体で確実に得点を獲得する自信が無いので(おいおい!)書道史の問題は確実に高得点を狙いたいと思っています。

書写検定受験者は必読の『字と書の歴史/江守賢治著』

書写検定受験者は必読の『字と書の歴史/江守賢治著』

『字と書の歴史/江守賢治著』は書写検定の為に書かれた書道史の本

『字と書の歴史/江守賢治著』は書写検定の為に書かれた書道史の本なのです

 

書道史を漠然と勉強しても、それは無理です。だから、1冊の本に絞ってしまします。その本とは『字と書の歴史/江守賢治著』。この本は初版は古いのですが、そもそも書写検定の受験者の為に作られたようなものなので、受験者は必読です。

『字と書の歴史/江守賢治著』はこちらの記事を見てね♪

とは言っても、やっぱり本を読むだけでは覚えられないので、まず問題集を説いていきます。そこで、だいたいの出題傾向を知ってから本で勉強していきます。例えば、出題されやすい書家、出題されやすい作品、書道史で使われやすい用語などです。

書写検定の書道史の問題

まずは、書写検定の書道史の問題を解く

書写検定では書道史で得点を稼ぎたい!

書写検定では書道史で得点を稼ぎたい!

書写検定の過去問を解く事で、書道の歴史の出題傾向を探ります

書写検定の過去問を解く事で、書道の歴史の出題傾向を探ります

書写検定の出題傾向を知ってから、書道史の本でお勉強します。

書写検定の出題傾向を知ってから、書道史の本でお勉強します。

 

さあ、試験まで1ヵ月ほどになってきました。正直、「ヤバイな~」日に日に焦ります。ぶっちゃけ受かる気がしません。でも、受験しなければ0%なので、可能性がある限り、自分でできる範囲でやるしかないですね。がんばろ~っと。

おわり

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べてみてください。

がくぶん賞状書士講座の資料請求

ユーキャンの賞状書法講座の資料請求

たのまな賞状技法士講座の資料請求

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付 速習実用筆ペン講座(添削無) ※6回の学習サポートメール付 無料資料請求

書写検定対策オリジナル教材


平成29年に硬筆書写検定1級、平成30年に毛筆書写検定1級にそれぞれ合格できました。試験対策しているときに思ったのが『こんな教材があったらいいのに…』です。そこで、自分の経験を踏まえオリジナル教材を作っています。是非ご活用ください。

書写技能検定テキスト&攻略法

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください