やっと!毛筆書写検定1級に合格

2019-05-08

平成30年6月17日に受験した『文部科学省後援 毛筆書写技能検定』1級に合格しました。1年前に『硬筆1級』に合格したのでようやくコンプリートです。

「・・・え?まだ合格していなかったの?」

このブログを以前から見てくださる方の中には、そう思っている人もいるかと思います。そうなのです。やっと受かったのです。

19日に封筒が届いて合格を知ったのですが、落ち慣れてしまったので『合格』と書かれていてびっくり!

  • うれしいのか?
  • ホッとしたのか?
  • 長かった・・・

変な感情です。

結局、毛筆1級に関しては5回もかかってしまいました。

3回目あたりから何が悪いのかがわからなくなってきて、今回も何が良かったのかわかっていません。

自分の強みはハッキリしています。それは細字。

逆に弱みは大きな字で、筆が大きくなればなるほど苦手に感じています。さらに、創作は全くダメ!

それはわかっていたので、意識しながら練習をしていました。多分、全体的なレベルが向上できたのだと思います。

何はともあれ、1つ壁を超えることができたので、次のステージに進むことができます。

野望がたくさんあるので♪

何度も試験勉強をしてきたので、すっかり草書や古典に詳しい人になってしまいました。書写検定自体にも詳しくなったので、結果として落ちまくってよかったのかもしれません。

今後、このブログでも情報を還元していければと思います。
[colored_box color="green" corner="r"]
毛筆書写検定1級第一問対策のオリジナル教材を作りました

【毛筆書写技能検定1級対策!墨場必携 五字三体作例集】の詳細
[/colored_box]
おわり