隷書用の筆を購入してみた!兼毫(兼毛)・短峰

隷書がヘタッピなので、本気で臨書しなくちゃいけないと思っています。そこで専用の筆を持っていなかったので購入して使ってみました。選んだのは筆庵さんの兼毫・短峰筆です。

隷書用の筆を購入してみた!兼毫(兼毛)・短峰

隷書用の筆を購入してみた!兼毫(兼毛)・短峰

隷書用の筆で曹全碑を書いてみました。

隷書用の筆で曹全碑を書いてみました。

届いたらすぐに筆を下して、曹全碑を書いてみました。

「なるほど納得」何で隷書や篆書は短峰を使うのかが理解できました。八分の隷書は起筆を隠しますが、逆筆がやりやすいのは間違いありません。

まだまだ筆を使いこなせていないから筆が思うように開かないですが、色々と気づきが出てきました。

もしかするともっと濃墨でたくさん墨を付けた方が良いのかな?何だか紙も書きにくい感じがして、紙選びも重要だと気が付きました。

筆庵さんで購入した3本の筆

筆庵さんで購入した3本の筆

ドンドン書いてみれば隷書ってものを深く理解できると感じています。

筆庵さんで購入した兼毫・短峰は豊橋筆

筆庵さんで購入した兼毫・短峰は豊橋筆

今回、購入した筆は『筆庵』というネットのお店の筆なのですが、これで3回目の利用となります。

お値段は高めですが、品質のレベルは凄く高いと思います。このクラスの筆を使ってしまうと、後には戻れません♪

良い筆なので、丁寧にメンテナンスして長く使っていきたいですね。ちなみに、筆を洗ったらできるだけ短時間で乾燥させるのが最高のメンテナンスだと思っています。

おわり

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付『速習実用筆ペン講座』無料資料請求

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べて選択して下さい。

>>>賞状講座について

 

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください