卒業証書の名入れに必需の『漢字辞典』

年度末間近になったので、卒業証書シーズンも本格化してきました。これから3月中旬まで、筆耕の仕事は卒業証書の名入れが9割占めます。そんな卒業証書は普通の筆耕とは少し異なります。学校の先生が書く場合もあると思うので、少しだけ注意点をご紹介します。

【卒業証書の名前入れ】お気軽にお問合せ・ご依頼ください。※急ぎも極力対応します。
卒業証書の名前入れ詳細(筆耕コム公式サイト)
卒業証書の名入れの注意点

卒業証書の名入れの注意点

卒業証書は基本的に『戸籍』通りに書く必要があります。という事は、通常の『楷書』が通用しない事があります。つまり、書道の世界で良かれと言われる書き方がNGになることがあるのです。

例えば、
『川』『卓』『幸』の最終画は止める
『鈴』の最終画は縦画で止める※『マ』にしない
『陸』の8画目は上にハネる
・・などなど

これは、小学校で教える『教科書体』と戸籍に書かれている『活字体』を足して2で割った感じです。通常の書道の楷書とは別物と考えた方が良いと思います。※ほとんど『教科書体』で大丈夫ですが、一部『教科書体』もNGになる事もあります。

よく、『筆耕は個性を殺した商業文字』と言われますが、これは「その通り!」で、否定できません(^_^;)

正直、とても難しいです。筆耕1年目はだいぶ困惑しました。今はだいぶ慣れましたが、それでも今でも仕事中は必ず国語辞典を手元に置いています。

卒業証書の名入れに必需の『漢字辞典』

卒業証書の名入れに必需の『漢字辞典』

愛用しているのが、小学生用の国語辞典です。しっかりと『教科書体』で表記されています。あと、(じじいなので)文字が大きいのも助かります。

卒業証書の名入れで最も大切な事は『正確に書く事』です。2番目が『レイアウト』で、3番目が『綺麗に書く事』だと思います。

生徒それぞれにとって、1枚しか頂けないモノなので、心を込めて仕上げていきたいですね。

卒業証書の教材を作りました!

卒業証書に必要な道具、作業の流れ、名前や生年月日の正しい位置、旧字体・書写体・活字など注意すべき漢字など、卒業証書の名前入れに関してプロの視点でまとめました。全国の先生方、ぜひお役立てください。
>>>卒業証書の名前の書き方~正しいレイアウトと書き方の教材

おわり

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べてみてください。

がくぶん賞状書士講座の資料請求

ユーキャンの賞状書法講座の資料請求

たのまな賞状技法士講座の資料請求

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付 速習実用筆ペン講座(添削無) ※6回の学習サポートメール付 無料資料請求

書写検定対策オリジナル教材


平成29年に硬筆書写検定1級、平成30年に毛筆書写検定1級にそれぞれ合格できました。試験対策しているときに思ったのが『こんな教材があったらいいのに…』です。そこで、自分の経験を踏まえオリジナル教材を作っています。是非ご活用ください。

書写技能検定テキスト&攻略法

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください