アルファベットをきれいに書くコツ

アルファベットの美文字は『カリグラフィー』になるのかな?『カリグラフィー』は特殊な文字なので、そうではなくて、アルファベットの普通の形、読みやすいという意味のきれいに書くコツをご紹介します。

アルファベットをきれいに書くコツ

アルファベットをきれいに書くコツ

アルファベット『A』をきれいに書くコツは、左右非対称に書く事です。

アルファベット『A』をきれいに書くコツは、左右非対称に書く事です。

アルファベット『X』をきれいに書くコツは、筆順を守る事かな。バツと同じ筆順にすると、エックスとは似て非なる『バツ』の字形になります。

アルファベット『X』をきれいに書くコツは、筆順を守る事かな。バツと同じ筆順にすると、エックスとは似て非なる『バツ』の字形になります。

僕の知っているアルファベットの書き方は、

  • 縦画はやや斜めに書く
  • 横画はに水平に書く
  • 筆順を守る(あって無いような物だけど)

このくらいです。
あと、細かい所だと、

  • 『A』の場合は頂点を少し右にする。
  • 『B』や『E』は上部の間隔を少し狭くする。

今回紹介した書き方が、絶対に正しいわけではありません。単なる一例です。アルファベットに関しては、読みやすいのが一番だと思います。なんだか、簡単なのか、難しいのか、よくわかりませんね。

おわり

『賞状』の通信講座をお考えの方へ

筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べて選択して下さい。


>>>賞状講座について

 

ご質問大歓迎

美文字の事・実用書道の事・筆耕のお仕事の事など、コメント欄へのご質問大歓迎!初歩的な事からハイレベルな事まで、僕の分かる範囲でお答えします。

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください